秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

2007年05月

安心のオフショア口座

もしもの時のオフショア口座

資産保全のオフショア口座

・・・こんなイメージでオフショア銀行口座を持っていると、突然の「あなたの口座を閉鎖します」というアナウンスに度肝を抜かれることになります。

ある程度オフショア口座歴がある人なら分かると思いますが、オフショアの銀行は、嫌がらせか!?と思えるくらい規則や方針を変更します。しかも、変更アナウンスから実施まで非常に期間が短いこともよくある話です。

一番怖いのは、「あなたの口座をクローズするから預金を引き上げてね」という通知です。

某銀行(銀行名はメルマガにて)も近々非居住者口座の締め出しにかかると言われていますので、また大騒ぎになるかも知れませんね。

過去、スイスポストやSAXOBANKが、日本人向け口座開設受付を停止したように、何の前触れもなく突然新規の受付を停止したり、口座の凍結を行ったりすることは意外とよくあります。

それでも、まず新規口座開設をストップするだけならまだ良い方です。既存口座まで凍結や閉鎖となると問題です。予備の口座を持っているなら資金を移動すればよいだけですが、それが唯一のオフショア口座とかだと最悪ですね。


これは私見ですが、どうも日本人に人気が出るとダメのようですね。

ペイパル(PayPal)の日本語化とオフショアビジネス

ペイパルとは、米国のオンライン決済/電子マネー業者で、世界最大手のネットオークションeBay(イーベイ)の傘下にある企業です。

イーバンク銀行のビジネスモデル(メルマネ送金など)は、ペイパルがモデルになっています。

ちなみに、イーベイはIP電話サービスのスカイプ(skype)も傘下に持っています。

このペイパルが遂に日本語化を果たしました。

このペイパルは、電子マネーサービスですが、クレジットカード、デビットカード、ヴァーチャルカードなどの決済カードを作ることが出来ます。
このペイパルとオフショア法人を組み合わせると非常に簡単にオフショアビジネスにオンライン決済サービスを導入することが可能です。


ペイパルでは、↓これらの国に在住の個人・法人が利用できます。
Albania(アルバニア)
Algeria(アルジェリア)
Andorra(アンドラ)
Angola(アンゴラ)
Anguilla(アンギラ)
Antigua and Barbuda(アンティグア・バーブーダ)
Argentina(アルゼンチン)
Armenia(アルメニア)
Aruba(アルバ)
Australia(オーストラリア)
Austria(オーストリア)
Azerbaijan Republic(アゼルバイジャン共和国)
Bahamas(バハマ)
Bahrain(バーレーン)
Barbados(バルバドス)
Belgium(ベルギー)
Belize(ベリーズ)
Benin(ベナン)
Bermuda(バーミューダ)
Bhutan(ブータン)
Bolivia(ボリビア)
Bosnia and Herzegovina(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
Botswana(ボツワナ)
Brazil(ブラジル)
British Virgin Islands(ブリティッシュバージンアイランド:BVI)
Brunei(ブルネイ)
Bulgaria(ブルガリア)
Burkina Faso(ブルキナファソ)
Burundi(ブルンジ)
Cambodia(カンボジア)
Canada(カナダ)
Cape Verde(カーボヴェルデ)
Cayman Islands(ケイマン諸島)
Chad(チャド)
Chile(チリ)
China(中国)
Colombia(コロンビア)
Comoros(コモロ)
Cook Islands(クック諸島)
Costa Rica(コスタリカ)
Croatia(クロアチア)
Cyprus(キプロス)
Czech Republic(チェコ)
Democratic Republic of the Congo(コンゴ民主共和国)
Denmark(デンマーク)
Djibouti(ジブチ)
Dominica(ドミニカ国)
Dominican Republic(ドミニカ共和国)
Ecuador(エクアドル)
El Salvador(エルサルバドル)
Eritrea(エリトリア)
Estonia(エストニア)
Ethiopia(エチオピア)
Falkland Islands(フォークランド諸島)
Faroe Islands(フェロー諸島)
Federated States of Micronesia(ミクロネシア連邦)
Fiji(フィジー)
Finland(フィンランド)
France(フランス)
French Guiana(フランス領ギアナ)
French Polynesia(フランス領ポリネシア)
Gabon Republic(ガボン)
Gambia(ガンビア)
Germany(ドイツ)
Gibraltar(ジブラルタル)
Greece(ギリシャ)
Greenland(グリーンランド)
Grenada(グレナダ)
Guadeloupe(グアドループ)
Guatemala(グアテマラ)
Guinea(ギニア)
Guinea Bissau(ギニアビサウ)
Guyana(ガイアナ)
Honduras(ホンジュラス)
Hong Kong(香港)
Hungary(ハンガリー)
Iceland(アイスランド)
India(インド)
Indonesia(インドネシア)
Ireland(アイルランド)
Israel(イスラエル)
Italy(イタリア)
Jamaica(ジャマイカ)
Japan(日本)
Jordan(ヨルダン)
Kazakhstan(カザフスタン)
Kenya(ケニア)
Kiribati(キリバス)
Kuwait(クウェート)
Kyrgyzstan(キルギス)
Laos(ラオス)
Latvia(ラトビア)
Lesotho(レソト)
Liechtenstein(リヒテンシュタイン)
Lithuania(リトアニア)
Luxembourg(ルクセンブルク)
Madagascar(マダガスカル)
Malawi(マラウィ)
Malaysia(マレーシア)
Maldives(モルディヴ)
Mali(マリ)
Malta(マルタ)
Marshall Islands(マーシャル諸島)
Martinique(マルチニーク)
Mauritania(モーリタニア)
Mauritius(モーリシャス)
Mayotte(マイヨット)
Mexico(メキシコ)
Mongolia(モンゴル国)
Montserrat(モントセラト)
Morocco(モロッコ)
Mozambique(モザンビーク)
Namibia(ナミビア)
Nauru(ナウル)
Nepal(ネパール)
Netherlands(オランダ)
Netherlands Antilles(オランダ領アンティル)
New Caledonia(ニューカレドニア)
New Zealand(ニュージーランド)
Nicaragua(ニカラグア)
Niger(ニジェール)
Niue(ニウエ)
Norfolk Island(ノーフォーク島)
Norway(ノルウェー)
Oman(オマーン)
Palau(パラオ)
Panama(パナマ)
Papua New Guinea(パプアニューギニア)
Peru(ペルー)
Philippines(フィリピン)
Pitcairn Islands(ピトケアン諸島)
Poland(ポーランド)
Portugal(ポルトガル)
Qatar(カタール)
Republic of the Congo(コンゴ共和国)
Reunion(レユニオン)
Romania(ルーマニア)
Russia(ロシア)
Rwanda(ルワンダ)
Saint Vincent and the Grenadines(セントビンセント・グレナディーン)
Samoa(サモア)
San Marino(サンマリノ)
São Tomé and Príncipe(サントメ・プリンシペ)
Saudi Arabia(サウジアラビア)
Senegal(セネガル)
Seychelles(セーシェル)
Sierra Leone(シエラレオネ)
Singapore(シンガポール)
Slovakia(スロヴァキア)
Slovenia(スロヴェニア)
Solomon Islands(ソロモン諸島)
Somalia(ソマリア)
South Africa(南アフリカ)
South Korea(韓国)
Spain(スペイン)
Sri Lanka(スリランカ)
St. Helena(セントヘレナ)
St. Kitts and Nevis(セントクリストファー・ネイビス)
St. Lucia(セントルシア)
St. Pierre and Miquelon(サンピエール・ミクロン)
Suriname(スリナム)
Svalbard and Jan Mayen Islands(スバールバル・ヤンマイエン島)
Swaziland(スワジランド)
Sweden(スウェーデン)
Switzerland(スイス)
Taiwan(台湾)
Tajikistan(タジキスタン)
Tanzania(タンザニア)
Thailand(タイ)
Togo(トーゴ)
Tonga(トンガ)
Trinidad and Tobago(トリニダード・トバゴ)
Tunisia(チュニジア)
Turkey(トルコ)
Turkmenistan(トルクメニスタン)
Turks and Caicos Islands(タークス・カイコス諸島)
Tuvalu(ツバル)
Uganda(ウガンダ)
Ukraine(ウクライナ)
United Arab Emirates(アラブ首長国連邦)
United Kingdom(イギリス)
United States(アメリカ合衆国)
Uruguay(ウルグアイ)
Vanuatu(バヌアツ)
Vatican City State(バチカン市国)
Venezuela(ベネズエラ)
Vietnam(ベトナム)
Wallis and Futuna Islands(ウォリス・フトゥナ諸島)
Yemen(イエメン)
Zambia(ザンビア)

結構、オフショアの国が含まれていますね。

個人口座と法人口座の開設スピードについて

オフショア銀行は個人口座と法人口座が開設できます(個人口座のみのところもありますが…)。

私自身の体験による口座開設と法人口座開設時の印象を書いてみます。

個人口座は、個人の「社会的信用」が重視される感じがします。その人がどこに住んでいて、どんな仕事をしていて、何のために銀行に口座を開くのか、という部分を根掘り葉掘り聞いてきます。
その代わり、口座開設までのスピードは比較的速く2〜4週間程度です。

法人口座の場合は、登記簿や真の所有者のパスポートコピー、名目上の役員との委任状など、規定の書類さえ揃っていれば特に何も聞かれません。
その代わり、開設までのスピードは遅いです。4〜8週間はかかります。

オフショア法人格そのものは非常に早く取得できるのですが、銀行口座がネックになります。
そこで、これからオフショア法人口座の取得を考えている方は、1ヶ月余裕を見て3ヶ月前から動かれることをお勧めします。

このページのトップヘ