2008年06月

2008年06月20日

元UBS銀行員の脱税幇助

元UBS銀行員による脱税幇助

脱税ほう助の容疑で起訴されていたスイスの最大手UBS銀行の元マネージャーでアメリカ人のブラドリー・バーケンフィールド被告 ( 43歳 ) に対し6月19日、米フロリダ州で裁判が行われ、被告が起訴事実を認めた。

原告側は、当時UBS銀行で資産運用に携わっていたバーケンフィールド被告に対し、UBSの顧客でアメリカの不動産業者のために脱税を目的として2億ドル ( 約216億円 ) の資金を隠したと訴えていた。またUBSは、こうした行為に対し被告人に多額の報酬を与え違法行為を促したという。判決は8月13日に下るもよう。

有罪を認めた元銀行員

 UBSは裁判に対して、現在のところコメントを出していないが、5月にはアメリカ当局の捜査に協力していると発表した。

 バーケンフィールド被告は当初、無罪を主張していた。一方、弁護士は記者団の質問に対し、被告はUBSで起こったことすべてを話す用意がある答えていた。

 バーケンフィールド被告はアメリカで多くの顧客を抱えていた。同被告が裁判で容疑を認めたため、UBSは2000年から2007年までのアメリカでの業務に対しての起訴でも、立場が悪くなる可能性がある。アメリカ当局はUBSに対し、米国人顧客2万人のデータの提出を要求している。アメリカのニューヨークタイムズによると、アメリカ当局はこの中に、UBSの口座を使った脱税の疑いのある人物のデータが見つかるのではないかとみているという。

 今週日曜日には、アメリカ当局がスイスに対し、法的な協力を求めた。スイス当局はこれに応じるかどうか検討しているという。

 また、もう1人のスイス人のUBS行員も、200億ドル ( 約2兆1600億円 ) の資産を脱税を目的に違法に運用し年間2億ドル ( 約216億円 ) の利益をもたらしていたと訴えられている。このスイス人は今回の裁判に出頭しなかった。

スイスに資産隠し

 原告側の訴えによると、2人はアメリカの富裕層に対し、実際は機能していない企業や組織を立ち上げたり、資産をスイス、パナマ、バージン諸島、香港、リヒテンシュタインなど外国に隠すことを助けたという。税申告の際には偽ったデータを記入し、顧客の資産をスイス本社の金庫に隠し、顧客の宝石、美術品などをスイスのクレジットカードで購入したとも訴えられている。スイスのクレジットカードであればデータはアメリカ当局の捜査の対象にならないだろうと考えていたと被告は告白した。また、顧客の要請でダイヤモンドを歯磨きチューブに隠しアメリカに密輸したことも明らかになった。

 判決は8月13日に下るもようだが、有罪となれば5年間の禁固刑となる。

http://www.swissinfo.ch/ より引用



高金利!スリランカ国債

スリランカ国債

1年未満で償還されるものはトレジャリービル、その以上の期間のものはトレジャリーボンドと呼びます。

スリランカ国債は所定のスリランカ国内金融機関にて購入することが可能です。

 ・2008年5月6日 - ニュースリリース(外国人によるトレジャリービルの購入が可能)
 ・2008年5月30日 - ニュースリリース(外国人によるトレジャリーボンドの購入が可能)

外国人はスリランカ国債の(未償還分の)10%まで購入することが出来ます。

このスリランカ国債購入は、「トレジャリーボンドインベストメント・エターナルルピーアカウント(TIERA)」という特別なルピー口座を通してなされます。

スリランカ中央銀行発表のデータによれば、金利は15.5〜16.0%前後。

最低購入金額
 個人 - 10万USD(約1,000万円)
 法人 - 50万USD(約5,000万円)



2008年06月19日

スリランカ(SriLanka)の主要な商業銀行/投資銀行

スリランカ(SriLanka)の主要な商業銀行/投資銀行

スリランカの場所

スリランカは旧セイロン(現在も島の名前はセイロン島)。1972年にセイロンからスリランカに国名を改称した。
観光業がメインだがスマトラ沖地震のとき津波の被害でダメージを受け、民族紛争・テロ事件も増えた。
スリランカは現在高度のインフレ傾向にあり、そのため銀行の金利も10〜20%以上と高い。スリランカ国債も高金利!
まさにハイリスク・ハイリターン。

Bank of Ceylon (セイロン銀行)
http://www.boc.lk/
フィッチ格付けはAA。スリランカ最大手の国営銀行。
 
 
citibank (シティバンク)
http://www.citi.com/citigroup/global/lka.htm
フィッチ格付けAAA。
 
 
Commercial Bank of Ceylon (セイロン商業銀行)
http://www.combank.net/
外国人向けスリランカ国債の購入が可能。
 
 
Deutsche Bank (ドイチェ銀行)
http://www.db.com/srilanka/
 
 
DFCC Vardhana Bank (DFCCヴァルダーナ銀行)
http://www.dfccvardhanabank.com/
 
 
Habib Bank (ハビブ銀行)
http://www.habibbankltd.com/
パキスタン最大手銀行
 
 
HATTON NATIONAL BANK (ハットンナショナル銀行)
http://www.hnb.net/
 
 
HSBC (香港上海銀行)
http://www.hsbc.lk/
 
 
ICICI Bank (ICICI銀行)
http://www.icicibank.lk/
インドの大手銀行
 
 
Indian Bank (インディアン銀行)
http://www.indian-bank.com/
 
 
Indian Overseas Bank (インド海外銀行)
http://www.iob.in/
 
 
MCB Bank (MCB銀行)
http://www.mcb.com.pk/
 
 
National Development Bank (ナショナルデベロップメント銀行)
http://www.ndbbank.com/
フィッチAA
 
 
Nations Trust Bank (ネイションズトラスト銀行)
http://www.nationstrust.com/
 
 
PABC Bank (パン・アジア銀行)
http://www.pabcbank.com/
 
 
PEOPLE'S BANK (ピープルズ銀行)
http://www.peoplesbank.lk/
 
 
Public Bank (パブリック銀行)
http://www.pbebank.com/
マレーシアの銀行
 
 
Sampath Bank (サンパス銀行)
http://www.fairbairnpb.com/
 
 
Seylan Bank (セイラン銀行)
http://www.eseylan.com/
 
 
Standard Chartered Bank (スタンダードチャータード銀行)
http://www.standardchartered.com/lk/
 
 
State Bank of India (インドステイト銀行)
http://www.statebankofindia.net/
インドの大手銀行
 
 
Union Bank of Colombo (コロンボ・ユニオンバンク)
http://www.unionb.com/
 
 



2008年06月16日

世界最大の新興企業(ベンチャー企業)向け市場-ロンドン証券取引所 AIM市場

世界最大の新興企業(ベンチャー企業)向け市場-ロンドン証券取引所 AIM市場

AIM市場Alternative Investment Market[代替投資市場])はロンドン証券取引所が1995年に創設した新興企業(ベンチャー企業)向け株式市場。2007年の時点で、時価総額は約27兆円と日本のジャスダック市場の2倍。
AIM上場基準は、Nomad (Nominated Advisor=指定アドバイザー)と呼ばれるアドバイザーに一任判断される。このNomadが上場審査を行う。
シンガポールのカタリスト市場は、このAIM市場をモデルとしたといわれている。

AIM上場基準

マザーズ ジャスダック ヘラクレス AIM
純資産 2億円以上 上場時純資産4億円以上または時価総額50億円以上、または税引前利益7500万円以上 Nomadに一任判断
時価総額 10億円以上 10億円以上 Nomadに一任判断
利益 当期利益計上または経常利益5億円以上 Nomadに一任判断
事業継続年数 1年以上 原則1年以上 Nomadに一任判断
最低公開株数 1000単位 500単位 Nomadに一任判断
株主数 新株主300人以上 300人以上(発行済株式数により規定あり) 300人以上 Nomadに一任判断
上場準備期間 1〜2年 1〜2年 1〜2年 4〜6ヶ月


2008年06月10日

シンガポール証券取引所(SGX)-上場基準

シンガポール証券取引所(SGX)-上場基準

シンガポール証券取引所(SGX)は、東南アジア最大の証券取引所。最近は、新興企業向け市場としてのカタリスト市場が注目を集めている。

メインボード(一部市場)

メインボードは主に大企業向け。下記、3パターンの上場基準がある。

パターン1 パターン2 パターン3
税引き前利益 3年間の累積利益が750万USドル以上、かつ、それぞれの年間利益が100万USドル以上 直近1年または2年間の税引き前利益が1,000万USドル以上 -
時価総額 - - 上場時の株式時価総額が8,000万USドル以上
持ち株分布 1,000人以上の株主に発行株式の25%以上
設立経過年数 3年以上 - -
事業継続 3年 場合により1〜2年 -
会計基準 シンガポール or 米国 or 国際会計基準
取締役 最低2名がシンガポール居住者

 
 
 

カタリスト(二部市場)

カタリストは主に新興企業向け。
スポンサーと呼ばれる保証会社に上場審査・監督を任せることで上場基準を緩和。

税引き前利益 ビジネスに収益性・将来性があること(利益要件なし)
資本金 要件なし
設立経過年数 原則3年以上だが、0年でも可。
持ち株分布 50万株以上を発行するか500人以上の株主に発行株式の15%を発行すること


管理人 ケイ の連絡先
secretoffshore@outlook.com

ご質問、苦情、その他お問い合わせはこちらのメールアドレスへお願いいたします。

最新記事
銀行一覧

アイルランド(Ireland)

アラブ首長国連邦(UAE)

アンギラ(Anguilla)

アンティグア・バーブーダ(Antigua & Barbuda)

アンドラ(Andorra)

英領ヴァージン諸島(BVI)

ガーンジー島(Guernsey)

キプロス(Cyprus)

ケイマン諸島(Cayman Islands)

ジブラルタル(Gibraltar)

ジャージー島(Jersey)

シンガポール(Singapore)

スイス・プライベートバンク(SwissPrivateBank)

スリランカ(SriLanka)

セーシェル(Seychelles)

セントビンセント・グレナディーン諸島(St.Vincent & the Grenadines)

タークス・カイコス諸島(Turks & Caicos Islands)

中国・オフショア(China)

ネイビス(Nevis)

ニュージーランド(New Zealand)

パナマ(Panama)

バヌアツ(Vanuatu)

バミューダ諸島(Bermuda Islands)

ハワイ(Hawaii)

ハンガリー(Hungary)

ブルガリア(Bulgaria)

ベリーズ(Belize)

マカオ(Macau)

マルタ(Malta)

マレーシア・ラブアン(Malaysia Labuan)

マン島(Isle of Man)

南アフリカ共和国(South Africa)

ミャンマー(Myanmar)

モーリシャス(Mauritius)

モンゴル(Mongolia)

ラトビア(Latvia)

リヒテンシュタイン(Liechtenstein)

ルクセンブルク(Luxembourg)


HSBC-香港上海銀行

Citibank-シティバンク

BARCLAYS-バークレイズ

RBS | The Royal Bank of Scotland-ロイヤルバンク・オブ・スコットランド

FirstCaribbean International Bank-ファーストカリビアンインターナショナル銀行


プライベートバンキング業務をメインとするオフショア銀行

スイス

普通預金・当座預金サービスをメインとするオフショア銀行

Abbey International

Alliance & Leicester International

Alpha Bank(Cyprus)

Anglo Irish Bank IoM

ANZ

Atlantic International Bank

Bank of Cyprus

Bank of Scotland International

Banque et Caisse d'Epargne de l'Etat

Barclays in Seychelles

Barclays International

Belize Bank

Bradford & Bingley International

Citibank香港

Citibankシンガポール

Dexia Banque Internationale a Luxembourg

HSBCオフショア

HSBC香港

HSBCシンガポール

Lloyds TSB Offshore

Standard Chartered香港

The Royal Bank of Scotland International

UBS

Woolwich Guernsey

Zurich Bank International

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)