2008年07月

2008年07月25日

アメリカ第二四半期はどうなるか─ロバート・パークス、HSBC。

アメリカ第2四半期決算発表シーズンは、多くが恐れるような陰鬱なものとはならないかもしれないと、HSBCのエクイティ・ストラテジストのロバート・パークスは言う。

彼は、先週までにスタンダード&プアーズ500種株価指数において報告された88社の、実質的な数値と予想数値が混同された成長率がマイナス17パーセントを示しているデータを引用した。

「これは、奇跡でも起きない限り、第2四半期はの否定的収益増の四半期になることを意味すうる。」 「2001年の第2四半期から2002年の第1四半期までも同じことが起きた。」

しかし、金融商品が除かれるなら、収益増率は8パーセントと見積もられており、そこまで酷くはない。

「石油価格が四半期に新記録に達していて、エネルギー部門が25パーセントで最も高い成長率を予想しているのは、別に驚くべきことではない。」

「我々が基本的な市場の健康をより理解するために、エネルギーと金融商品の両方を除くなら、まだ3.2パーセントの好業績成長見積りを得ている」

「繰り返しだが、これは行き渡っている収益状況が、多くが思うほど悪くないかもしれないということを意味する」

株式配分のときに、パークス氏は、インフレ狙いのヨーロッパ諸国(ただし、イギリスは除く)よりも、アメリカを好んでいる。

「収益改正と金融情勢は数カ月前から、米国が良い業績をあげるのを手助けするため、支持しているように見える。」


http://www.ft.com/cms/s/0/a00c5bc2-59e3-11dd-90f8-000077b07658.html


2008年07月24日

HSBCアジアのチーフエコノミスト、12年の勤務を終えて退職。

HSBCホールディングスのアジア太平洋地域のチーフエコノミスト、ピーター・モーガン氏はヨーロッパ最大の銀行で12年の勤務の後、退職することとなった。

HSBC香港のスポークスウーマンのアニー・チェンは、モーガン氏は「他の利益を追求する」ために退職すると言った。

銀行の地方経済の研究責任は現在香港ベースの主要な中国のエコノミストのク・ホンビンと、シンガポール担当の先任のアジア人のエコノミスト、ロバート・プライオル・ワンデスフォーデと同様、先任のアジア人のエコノミストのフレディリック・ノイマンの間で共有される。

香港担当のモーガン氏はその地域でのマクロ経済と金利予測の責任者で、1996年にHSBCに加わっていた。


http://www.thestandard.com.hk/breaking_news_detail.asp?id=1025&icid=1&d_str=20080724

TheBanker 2008年版 銀行世界ランキングTop100

TheBanker 2008年版 銀行世界ランキングTop100

英フィナンシャルタイムズが発行する月刊銀行業界誌「ザ・バンカーTheBanker)」の2008年度版世界の銀行トップ1000の中から上位1〜100位を前年度2007年の順位と合わせて紹介します。

見方
2008年度順位(前年度順位)[順位変動 ↑↓-]:銀行名[英語表記]:本店(グループ本社)所在地


(3)[↑]:HSBC(香港上海銀行)ホールディングス[HSBC Holdings]:イギリス・ロンドン

(2)[-]:Citiグループ[Citigroup]:USA・ニューヨーク

(8)[↑]:ロイヤルバンク・オブ・スコットランド[Royal Bank of Scotland]:イギリス・エディンバラ

(5)[↑]:JPモルガン・チェース[JP Morgan Chase & Co]:USA・ニューヨーク

(1)[↓]:バンク・オブ・アメリカ[Bank of America Corp]:USA・シャーロット

(6)[-]:三菱UFJ フィナンシャル グループ[Mitsubishi UFJ Financial Group]:日本・東京

(4)[↓]:クレディ・アグリコル グループ[Credit Agricole Group]:フランス・パリ

(7)[↓]:中国工商銀行[ICBC]:中国・北京

(10)[↑]:サンタンデール・ セントラル・ヒスパノ[Santander Central Hispano]:スペイン・サンタンデール

10(9)[↓]:バンク・オブ・チャイナ(中国銀行)[Bank of China]:中国・北京


11(11)[-]:BNP パリバ[BNP Paribas]:フランス・パリ

12(12)[-]:バークレイズ[Barclays Bank]:イギリス・ロンドン

13(14)[↑]:中国建設銀行[China Construction Bank Corporation]:中国・北京

14(13)[↓]:HBOS:イギリス・エディンバラ

15(15)[-]:みずほフィナンシャルグループ[Mizuho Financial Group]:日本・東京

16(17)[↑]:ユニクレジット[UniCredit]:イタリア・ミラン

17(20)[↑]:ING[ING Bank]:オランダ・アムステルダム

18(22)[↑]:三井住友フィナンシャルグループ[Sumitomo Mitsui Financial Group]:日本・東京

19(16)[↓]:ワコビア銀行[Wachovia Corporation]:USA・ウィンストンセーラム

20(19)[↓]:ラボバンク[Rabobank Group]:オランダ・ユトレヒト


21(23)[↑]:ドイツ銀行[Deutsche Bank]:ドイツ・フランクフルト

22(32)[↑]:フォルティス[Fortis Bank]:ベルギー・ブリュッセル

23(18)[↓]:ウェルズファーゴ[Wells Fargo & Co]:USA・サンフランシスコ

24(25)[↑]:クレディ・ミュチュエル[Credit Mutuel]:フランス・パリ

25(43)[↑]:インテサ・サンパオロ[Intesa San Paolo]:イタリア・ミラノ

26(30)[↑]:ケスデパーニュ[Group Caisse d'Epargne]:フランス・パリ

27(26)[↓]:ソシエテ・ジェネラル[Societe Generale]:フランス・パリ

28(55)[↑]:りそな ホールディングス[Resona Holdings]:日本・大阪

29(27)[↓]:クレディ・スイス[Credit Suisse Group]:スイス・チューリッヒ

30(28)[↓]:バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア[Banco bilbao Vizcaya Argentaria]:スペイン・ビルバオ


31(21)[↓]:UBS:スイス・チューリッヒ

32(29)[↓]:ロイズTSB グループ[Lloyds TSB Group]:イギリス・ロンドン

33(66)[↑]:ズベルバンク[Sberbank-Savings Bank of the Russian Fed.]:ロシア・モスクワ

34(35)[↑]:ロイヤルバンク・オブ・カナダ[Royal Bank of Canada]:カナダ・モントリオール

35(45)[↑]:Caja de Ahorros y Pensiones de barcelona - la Caixa(ラ・カイシャ):スペイン・バルセロナ

36(34)[↓]:コメルツ銀行[Commerzbank]:ドイツ・フランクフルト アム マイン

37(31)[↓]:バンク・ポピュレール[Groupe Banques Populaires]:フランス・パリ

38(33)[↓]:農林中央金庫[Norinchukin Bank]:日本・東京

39(36)[↓]:ワシントン・ミューチュアル[Washington Mutual]:USA・シアトル

40(40)[-]:デクシア[Dexia]:ベルギー・ブリュッセル


41(37)[↓]:スコシアバンク[Scotiabank]:カナダ・トロント

42(39)[↓]:ノルディア グループ[Nordea Group]:スウェーデン・ストックホルム

43(38)[↓]:ナショナル・オーストラリア銀行[National Australia Bank]:オーストラリア・メルボルン

44(51)[↑]:ランデスバンク・バーデン・ヴュルテンベルグ[Landesbank Baden-Wurttemberg]:ドイツ・シュトゥットガルト

45(49)[↑]:モントリオール銀行[Bank of Montreal]:カナダ・モントリオール

46(52)[↑]:バイエリッシェ・ランデスバンク[Bayerische Landesbank]:ドイツ・ミュンヘン

47(41)[↓]:USバンコープ[U.S. Bancorp]:USA・ミネアポリス

48(64)[↑]:ブラデスコ銀行[Banco Bradesco]:ブラジル・サンパウロ

49(56)[↑]:スタンダード・チャータード[Standard Chartered]:イギリス・ロンドン

50(54)[↑]:バンコ・イタウ・ホールディング・フィナンセイラ[Banco Itau Holding Financeira]:ブラジル・サンパウロ


51(42)[↓]:ダンスクバンク[Danske Bank]:デンマーク・コペンハーゲン

52(44)[↓]:ドレスナー銀行[Dresdner Bank]:ドイツ・フランクフルト アム マイン

53(48)[↓]:トロント・ドミニオン銀行[Tronto-Dominion Bank]:カナダ・トロント

54(68)[↑]:交通銀行[Bank of Communications]:中国・上海

55(59)[↑]:オーストラリア・ニュージーランド銀行[ANZ Banking Group]:オーストラリア・メルボルン

56(62)[↑]:国民銀行[Kookmin Bank]:韓国・ソウル

57(70)[↑]:ステートバンク・オブ・インディア[State Bank of India]:インド・ムンバイ

58(50)[↓]:KBC[KBC Group]:ベルギー・ブリュッセル

59(61)[↑]:DZバンク[DZ BANK Deutsche Zentral-Genossenshaftsbank]:ドイツ・フランクフルト アム マイン

60(116)[↑]:VTB(外国貿易銀行)[VTB-Bank]:ロシア・モスクワ


61(53)[↓]:アライド・アイリッシュ銀行[Allied Irish Banks]:アイルランド・ダブリン

62(80)[↑]:アイルランド銀行[Bank of Ireland]:アイルランド・ダブリン

63(60)[↓]:オーストラリア・コモンウェルス銀行[Commonwealth Bank Group]:オーストラリア・シドニー

64(75)[↑]:Caja de Ahorros y Monte de Piedad de Madrid:スペイン・マドリッド

65(67)[↑]:ウリィ・ フィナンシャル・グループ[Woori Financial Group]:韓国・ソウル

66(158)[↑]:ユニバンコ[Unibanco-Uniao de Bancos Brasileiros]:ブラジル・サンパウロ

67(77)[↑]:DnB NOR[DnB NOR Group]:ノルウェー・オスロ

68(71)[↑]:ウエストパック銀行[Westpac Banking Corporation]:オーストラリア・シドニー

69(69)[-]:CIBC(カナダ帝国商業銀行[カナディアン・インペリアル商業銀行])[Canadian Imperial Bank of Commerce]:カナダ・トロント

70(58)[↓]:キャピタル・ワン・フィナンシャルコーポレーション[Capital One Financial Corporation]:USA・マクレーン


71(65)[↓]:中国農業銀行[Agricultural Bank of China]:中国・北京

72(57)[↓]:サントラスト銀行[SunTrust Banks]:USA・アトランタ

73(74)[↑]:DBS銀行(星展銀行)[DBS Bank]:シンガポール・シンガポール

74(81)[↑]:スカンディナビスカ・エンスキルダ・バンケン[Skandinaviska Enskilda Banken Group]:スウェーデン・ストックホルム

75(72)[↓]:HSHノルドバンク[HSH Nordbank]:ドイツ・キール

76(113)[↑]:バンク・オブ・ニューヨーク・メロン[Bank of NewYork Mellon]:USA・ニューヨーク

77(76)[↓]:新韓銀行[Shinhan Bank]:韓国・ソウル

78(87)[↑]:UBI銀行[UBI Banca]:イタリア・ベルガモ

79(97)[↑]:ラファイゼン・セントラルバンク・オーストリー[Raiffeisen Zentralbank Osterreich]:オーストリア・ウィーン

80(95)[↑]:Nykredit Realkredit グループ[Nykredit Realkredit Group]:デンマーク・コペンハーゲン


81(83)[↑]:住友信託銀行[Sumitomo Trust & Banking Co]:日本・大阪

82(127)[↑]:ハイポ・リアル・エステート・ホールディング[Hypo Real Estate Holding]:ドイツ・ミュンヘン

83(92)[↑]:バンコ・ポプラール・エスパニョール[Banco Popular Espanol]:スペイン・マドリッド

84(104)[↑]:スベンスカ・ハンデルスバンケン[Svenska Handelsbanken]:スウェーデン・ストックホルム

85(85)[-]:モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行[Banca Monte dei Paschi di Siena]:イタリア・シエナ

86(102)[↑]:トルコ勧業銀行[Turkiye Is Bankasi A.S.]:トルコ・イスタンブール

87(82)[↓]:ノルドドイチェ・ランデスバンク・ジロツェントラーレ[Norddeutche Landesbank Girozentrale]:ドイツ・ハノーバー

88(93)[↑]:エアステバンク[Erste Bank]:オーストリア・ウィーン

89(73)[↓]:ブラジル銀行[Banco do Brasil]:ブラジル・ブラジリア

90(109)[↑]:農業協同組合 (韓国)[National Agricultural Cooperative Federation]:韓国・ソウル


91(117)[↑]:アングロ・アイリッシュ銀行[Anglo Irish Bank Corporation]:アイルランド・ダブリン

92(63)[↓]:ナショナル・シティー・コーポレーション[National City Corp]:USA・クリーブランド

93(91)[↓]:ハナ・フィナンシャル・グループ[Hana Financial Group]:韓国・ソウル

94(96)[↑]:信金中央金庫[Shinkin Central Bank]:日本・東京

95(90)[↓]:BB&T[BB&T Corp]:USA・ウィンストンセーラム

96(98)[↑]:デジャルダン・グループ[Desjardins Group]:カナダ・レヴィス

97(132)[↑]:アクバンク[Akbank]:トルコ・イスタンブール

98(86)[↓]:フィフス・サード・バンコープ[Fifth Third Bancorp]:USA・シンシナティ

99(101)[↑]:招商銀行[China Merchants Bank]:中国・深セン

100(114)[↑]:大華銀行[United Overseas Bank]:シンガポール・シンガポール



2008年07月23日

HSBC、韓国外換銀行の労働組合と合意

HSBCは韓国外換銀行(KEB)の労働組合との協定で、イギリスの銀行が韓国の6番目に大きい融資業者をコントロールする可能性を放棄していないという署名をした。

イギリスの銀行(63億ドルでKEBの51パーセントを買う申し出の期限が7月31日に切れる)は、KEBの公共のリスト、ブランド名、および従業員を保有することを誓約し、HSBCはKEBの主な組合に対し、韓国の銀行の委員会への参加、HSBCの外国支店の保有を約束した。

協定は、ローンスターからKEBを引き継ぐHSBCの委任を強調しており、取引を承認するために韓国人の監視委員に圧力を加える可能性がある。 ローンスターは2003年に12億ドルでKEBを買収していた。 米国企業投資ファンドは2年間以上KEBを販売しようとしていましたが、ローンスターがKEBを獲得した方法に関連する継続的な法的な抗議があったため失敗に終わっていた。

財政監視委員は、法律問題が傑出している現状では、銀行を制御するというHSBCの要求を考慮しないと発言。ローンスターは、KEBのクレジットカードの株価を吊り下げるため価格操作したという告発を先月、取り下げられた。

検察官は現在法廷の決定に対して再審議を申し出ており、決着には数カ月かかるだろう

ブライアン・サン(メリル・リンチでの研究部門のトップ)は、近い将来韓国当局が動く可能性はないだろうと言った。 しかし、彼は、火曜日に結ばれた協定がHSBCがKEBを獲得する可能性を高めたと付け加えた。彼は、今回の取引は、政府が「組合からの最少の雑音」で取ることができた「安全な選択」であると言った。

HSBCが9カ月前に締結した、51パーセントのKEBを買う取引に対する規制当局の許可が7月31日までに得られない場合、延期する可能性がある。 しかし分析者は、HSBCはローンスターに対し、価格に関する再交渉を要求する可能性があるとコメントした。



http://www.ft.com/cms/s/0/edddbaf6-5814-11dd-b02f-000077b07658.html

2008年07月21日

株式警戒:HSBC、中国最大の投資会社からの投資で高騰か

新花ニュースフィード

香港(XFN-アジア)--

銀行業の巨人・HSBCが、銀行への投資が可能な本土の最高の投資会社中国投資法人と会談したと報じた結果、HSBCホールディングスは香港で高騰した。

ディーラーはまた、シティグループの予想より良い第2四半期結果がいくつかの資金調達における不安を緩和し、HSBCの急な高騰に拍車をかけたと言う。

HSBCは5.0香港ドル(4,17パーセント)の値上がりで125,0で、過去最高額の125.3からは5.0香港ドル(4.17パーセント)低い結果となった。

サンデーテレグラフは、資料を引用して、HSBCのスティーブン・グリーン議長が、が自由市場でHSBCの株を買う可能性を含んでいたCICの職員を含むCIC職員と議論したと報告した。

(1米ドル = 7,8香港ドル)

http://www.quamnet.com/newscontent.action?listSectionCode=NEW_ASIA&articleId=897992

管理人 ケイ の連絡先
secretoffshore@outlook.com

ご質問、苦情、その他お問い合わせはこちらのメールアドレスへお願いいたします。

最新記事
銀行一覧

アイルランド(Ireland)

アラブ首長国連邦(UAE)

アンギラ(Anguilla)

アンティグア・バーブーダ(Antigua & Barbuda)

アンドラ(Andorra)

英領ヴァージン諸島(BVI)

ガーンジー島(Guernsey)

キプロス(Cyprus)

ケイマン諸島(Cayman Islands)

ジブラルタル(Gibraltar)

ジャージー島(Jersey)

シンガポール(Singapore)

スイス・プライベートバンク(SwissPrivateBank)

スリランカ(SriLanka)

セーシェル(Seychelles)

セントビンセント・グレナディーン諸島(St.Vincent & the Grenadines)

タークス・カイコス諸島(Turks & Caicos Islands)

中国・オフショア(China)

ネイビス(Nevis)

ニュージーランド(New Zealand)

パナマ(Panama)

バヌアツ(Vanuatu)

バミューダ諸島(Bermuda Islands)

ハワイ(Hawaii)

ハンガリー(Hungary)

ブルガリア(Bulgaria)

ベリーズ(Belize)

マカオ(Macau)

マルタ(Malta)

マレーシア・ラブアン(Malaysia Labuan)

マン島(Isle of Man)

南アフリカ共和国(South Africa)

ミャンマー(Myanmar)

モーリシャス(Mauritius)

モンゴル(Mongolia)

ラトビア(Latvia)

リヒテンシュタイン(Liechtenstein)

ルクセンブルク(Luxembourg)


HSBC-香港上海銀行

Citibank-シティバンク

BARCLAYS-バークレイズ

RBS | The Royal Bank of Scotland-ロイヤルバンク・オブ・スコットランド

FirstCaribbean International Bank-ファーストカリビアンインターナショナル銀行


プライベートバンキング業務をメインとするオフショア銀行

スイス

普通預金・当座預金サービスをメインとするオフショア銀行

Abbey International

Alliance & Leicester International

Alpha Bank(Cyprus)

Anglo Irish Bank IoM

ANZ

Atlantic International Bank

Bank of Cyprus

Bank of Scotland International

Banque et Caisse d'Epargne de l'Etat

Barclays in Seychelles

Barclays International

Belize Bank

Bradford & Bingley International

Citibank香港

Citibankシンガポール

Dexia Banque Internationale a Luxembourg

HSBCオフショア

HSBC香港

HSBCシンガポール

Lloyds TSB Offshore

Standard Chartered香港

The Royal Bank of Scotland International

UBS

Woolwich Guernsey

Zurich Bank International

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)