秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

2015年07月

南アフリカの大手銀行 FNB がタックスヘイブンとして知られるチャネル諸島カーンジー島に新規支店開設し、営業をスタートしました。

FNB Channel Islands(チャネル諸島)
https://www.fnbci.co.uk/

対応通貨 : 最低預入金額

  • 米ドル : 5000 USD
  • 英ポンド : 5000 GBP
  • ユーロ : 5000 EUR

FNBCIは、ガーンジー銀行預金補償スキームにより、一個人あたり最大50,000英ポンドまで補償されます。

現在は、口座開設が電話申込み必須になっています。

議事経過 第189回国会(平成27年7月16日)

開会午後一時二分

  • 日程第一 自衛隊法等の一部を改正する法律案(江田憲司君外四名提出)
  • 日程第二 国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する人道復興支援活動等に関する法律案(江田憲司君外四名提出)
  • 日程第三 我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  • 日程第四 国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案(内閣提出)

右四案を一括して議題とし、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員長の報告があって討論の後、まず日程第一及び第二の両案を否決し、次に日程第三及び第四の両案を委員長報告のとおり可決した。

散会午後二時七分

第189回国会 議案の一覧

集団的自衛権

最近の議論の争点はおそらく、いわゆる集団的自衛権を容認するのか否か、でしょう。

戦(いくさ)を仕掛けれた際に迎撃して相手に大きなダメージを与えられるような体制を整えておくことは、これは当然抑止力として有効であろうと考えられます。
相手が自分より強そうに見えたら、多くの場合ケンカを仕掛けるのをためらいますよね?それは、攻撃とともに自分にも相応のダメージがあるからです。
集団的自衛権は、個人からグループに拡大するようなもので、Aグループ(A集団)に属しているA1A2がいた場合、A1Bから不当に攻撃を受けた場合、直接攻撃を受けたA1だけではなく、直接攻撃を受けていないA2Bに反撃することを予めルール化し、公示しておきます。これにより、Bは、A1を攻撃することによりA1だけでなくA2からも反撃される可能性を考慮しなければならなくなります。

さて、安保法制反対派の人達は「他国(主にアメリカ)の戦争に巻き込まれるから安保法制(集団的自衛権容認)反対」、という主張をしています(もちろん、これに限りません)。

具体的には、アメリカが他国Aから攻撃を受けた場合には日米安保(同盟)のルールに則り、日本も他国Aに攻撃を行うことにより、日本と他国Aが交戦状態に入る(巻き込まれる)だろう、ということでしょう。

このようにみると、「戦闘行為(状態)」に巻き込まれるから集団的自衛権容認はダメだ、ということなのでしょうか?
もしそうだとすると、反対派は「集団的自衛権は抑止力にはならない」という考えなのでしょうか?
もしくは、単純に「9条」があるから?

ここで一度「9条」を見てみます。

第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない

憲法学者の学説と政府見解が衝突する論点ではありますが、政府見解を通説とすれば、「侵略戦争はしない」「侵略戦争をするための戦力は持たない」「侵略戦争をするための権利は認めない」ということになるでしょう。学説では「自衛」を含むすべての「戦争」を含めます。極論を言えば、9条を信奉する人は、こちらがノーガードであれば相手も警戒心を解くので攻めて来ないよ、ということになるのでしょうか。このような人達は、普段自宅・クルマ・自転車に鍵をかけるということをしないのでしょうか?

憲法前文

憲法を学んだことがある者であれば、憲法には『前文』というものがあり、さらにこの前文も憲法の一部として認識される、ということはご存知ですよね?つまり、憲法解釈を巡って議論する際には第1条から第103条の他に、この前文も等しく扱われるということです。

この憲法前文の中には下記のフレーズがあります。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

9条は日本だけを対象にしていますが、前文はなんと全世界の平和について謳っています。

この世界に、恐怖と欠乏をもたらす者が現れたのであれば、全世界の国民の平和を守るために、国際社会の要請に基づき戦うことも厭わない、そんな態度を取る。その程度で十分目的は達成できます。抑止力が働いている間に外交戦で事態の収拾を図る、それで良いのです。

自衛隊を自衛軍に

自衛隊は、その呼称はさておき、事実上誰がどう見ても「軍隊」です。
国際社会上、この状態が問題にならないのは自衛隊が「自国を防衛するための軍隊」として認知されているからです。
この場合、最大の問題は「自衛隊が存在していること」ではなく国民が「軍隊としての自衛隊を管理するための法概念が無いこと」です。
最近は、自衛隊法を修正しながら交戦規定をようやく整備したりといろいろ工夫し、表向きの建前として日本には軍隊が存在しないことになっているわりには、自衛隊の内部管理規定が徐々に充実してきています。

このように、交戦規定を定めた自衛隊法があるならそれで十分だろう、という意見もあるかも知れません。しかし、憲法に自衛隊が軍隊として記載されていない、ということは憲法が「国民が国家に対して制限をかける法体系」としての意味を持っていることから、国民が自衛隊という軍隊をコントロール出来ないということを意味します。

戦争したくない、とか、巻き込まれたくない、とかそういう次元の話をする前に、憲法に軍隊としての自衛隊の存在を明記しなければ根本的に戦争放棄なんて出来ないでしょう、という話です。

逆説的ではありますが、9条の精神を守りたいのであれば、9条を改憲して「軍隊としての自衛隊(自衛軍)」の存在を憲法上明確するべきなのです。それでこそ、ようやく国民自身が直接自衛隊に制約を課し平和憲法を維持できるのではないでしょうか?

“賞金総額1000万円” 『GUNSLINGER'S BATTLE ARENA -Force-』 開催!

「GUNSLINGER'S BATTLE ARENA」は、スクウェア・エニックス主催の国内アーケードゲーム『ガンスリンガー ストラトス2』の賞金制公式大会です。

1チーム4名でエントリーします。

優勝チームには 500万円
準優勝 250万円
3位 100万円
以下、16位まで賞金が出ます。

1分でわかるゲームプレイ方法動画

賞金が出るゲーム大会が増えれば、プロゲーマーとして生活する環境が整います。
現在、ゲームプレイ実況動画が人気ですので、下地は醸成されつつあるように思いますが、さて。

GUNSLINGER'S BATTLE ARENA エントリーサイト

マネックス証券とビットフライヤー、「仮想通貨ビットコインプレゼントキャンペーン」を開催

業界初!マネックス証券「仮想通貨ビットコインプレゼントキャンペーン」開催

2015年8月21日(金)までの期間限定で、期間中にマネックス証券のウェブサイト上で本キャンペーンにエントリーし、クイズに正解した方の中から抽選で50名に1万円相当のビットコインをプレゼントする、という内容です。

下記、プレスリリースより:
マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、本日2015年7月17日(金)より業界で初めて「ビットコインプレゼントキャンペーン」を実施いたしますのでお知らせいたします。本キャンペーンの実施にあたり、株式会社bitFlyer(以下「bitFlyer」)は、ビットコインの受渡を可能とする「adFlyer」サービスの提供を開始いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

マネックス証券は、資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」等、未来におけるお金との付き合い方をデザインすることを目的として独自に開発・運営している「MONEX LAB TOOLS」を無料で提供しています。このたび、より多くの方に「MONEX LAB TOOLS」を知っていただくため、近年「次世代の通貨」として関心が高まっている仮想通貨ビットコインを抽選でプレゼントするキャンペーンを開催することといたしました。
本キャンペーンは、マネックス証券に口座をお持ちでない方でもご応募いただけます。

マネックス証券
http://www.monex.co.jp/

匿名通報ダイヤル(https://www.tokumei24.jp/)というものをご存知ですか?
匿名通報ダイヤル(とくめいつうほうダイヤル)は、警察庁が2007年10月1日より開始した、匿名通報制度。 運営は、株式会社リンクファシリティーズ(本社:静岡県御殿場市)に委託されている。-wikipedia

犯罪摘発の有力情報を通報した場合、方法提供料として 一件あたり最大10万円 をもらえる制度で、報酬獲得対象者はウェブサイト上で確認出来ます。

なにより、通報対象となる犯罪は広範囲で、もしかしてこれだけでも生活出来るのではないか(プロ通報者?)と思わせるほど。
その範囲は、

暴力団が関与する犯罪

  • 対立抗争事件に関わる情報
  • 賭博、覚せい剤取締法違反及びノミ行為等、振り込め詐欺、強盗・窃盗等に関する情報
  • 恐喝、企業・行政対象暴力、みかじめ料や用心棒料の要求等
  • 暴力団事務所の開設、既存の事務所における動向等の暴力団事務所の実態把握に資する情報
  • 暴力団員が運営している企業・団体、暴力団員が役員を勤める企業・団体、暴力団に資金提供を行う企業、業務の遂行において積極的に暴力団を利用する企業等に関する情報
  • 暴力団に関わる一切の情報

犯罪インフラ事犯

  • 他人名義の携帯電話を取得する
  • 不法滞在者等に代わり、日本人等を契約者として違法に賃貸借された住居を斡旋する行為
  • 銀行業を営む資格のない者が、報酬を得て国外送金を代行すること(地下銀行)など
  • 不法入国の外国人等が、在留資格等を得る目的で資格・身分を偽装(偽装結婚、偽変造身分証明書、偽装養子縁組、偽装認知、出生届の虚偽申請、偽装難民、偽装日系)

薬物事犯

  • 薬物(大麻・覚せい剤など)を所持、譲渡、製造、栽培などを行う

拳銃事犯

  • 拳銃の所持、発射、譲渡、譲受けなどに関する情報

特殊詐欺 (振り込め詐欺等)

  • 犯行グループのリーダー、中核メンバーに関する情報
  • 「受け子」、「出し子」等末端被疑者に関する情報
  • 犯行グループのメンバーが出入りするマンション、オフィス等に関する情報

少年福祉犯罪

  • 18歳未満の者を買春すること
  • 18歳未満の者を深夜業務や福祉に有害な場所における業務に就かせること
  • 未成年者へ覚せい剤を譲り渡すこと
  • 未成年者に対し、暴力又は脅迫を用いてわいせつな行為をすること

児童虐待事案

  • 殴る、蹴る、たばこの火を押しつけるなど、児童の身体に外傷が生じ、又は、生じるおそれのある暴行を加えること
  • 児童への淫行、児童ポルノの被写体にするなど、児童にわいせつな行為をすること、又は、児童にわいせつな行為をさせること
  • 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、長時間の放置など、保護者としての監護を怠ること
  • 児童の目前で家族等に対し暴力を繰り返すなど、児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

人身取引事犯

  • 女性や18歳未満の者を売買すること
  • 女性に売春や風俗店等で働くことを強要すること
  • 女性に売春させたり、風俗店で働かせたりして、その賃金等を搾取すること

このページのトップヘ