秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

2020年05月

VFSC-1

バヌアツ (Vanuatu)は、オセアニア地域の代表的なオフショア法域として知られる国で、西にオーストラリア、南にニューカレドニア、ニュージーランドがあります。首都はポートヴィラ (Port Vila)。イギリス連邦加盟国。

VANUATU-MAP-1

バヌアツは、ここ最近、FXライセンス発行国として人気が高まってきており、著名なブローカーも現れてきています。バヌアツのライセンスは、VFSC (Vanuatu Financial Services Commission / バヌアツ金融サービス委員会)規制監督のもと発行される金融取引事業免許であり、日本の第一種金融商品取引業免許に相当します。

バヌアツライセンスで金融サービスを提供した場合、収益は完全非課税になります。

バヌアツライセンス

バヌアツライセンス業務範囲

バヌアツライセンスでは下記の業務を行うことが可能です。
  • 有価証券の売買
  • 有価証券の売買の取次(仲介)
  • 有価証券の売買の代理(代行)
  • FXプライムブローカー(証拠金保管・決済・清算・貸付)
  • FXブローカー(リテール業務)

バヌアツライセンスの安全性

バヌアツ金融監督機関であるVFSCは、2018年に規制強化を打ち出し、2019年より既存の免許保有業者・新規取得業者それぞれが新しい登録要件を満たさないとライセンスの維持が出来なくなりました。これにより、以前は500社近く登録されていたものが、現在では140社程度に減りました。

バヌアツは新しい登録要件として『金融業者保険加入』という条件を追加しました。これは、業者破綻時に顧客へ預かり資産が保険金の形で返還される、いわば保険制度を利用した信託保全の仕組みの実現です。現在、登録されている全ての業者は保険加入が義務づけられており、各業者の事業内容にもよりますが一定額までであれば全額保証される仕組みが提供されています。

また、3か月に一度、業者はVSFCへ監査レポートを提出する義務があり、財務業況が定期的にチェックされます。

バヌアツライセンスを活用したビジネスモデル

全世界をターゲットとしたオンライン金融サービスを提供する、という前提では、やはりFXブローカー事業が最適です。
プラットフォームとしてメタクオーツ社のMetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)を導入することで素早くビジネスをスタート可能です。
FX以外でも、有価証券の売買が可能ですので、別途オフショアファンドと提携し、オフショアファンド販売を行っても良いでしょう。証券化が出来れば、不動産でも何でもバヌアツライセンス事業者を介して展開可能になります。

バヌアツライセンスを持ったFXブローカーの例

日本語サイトあり業者

バヌアツライセンス保有事業者の確認方法

バヌアツライセンス保有事業者(Licencee | ライセンシー)は、日本の金融庁と同様に、バヌアツ金融監督庁であるVFSCのウェブサイトで公開されています。

最新のライセンシーリストを確認するために、まずVFSCのウェブサイトにアクセスします。

Vanuatu Financial Services Commission

次に、メニューから『FINANCIAL DEALERS LICENSE』をクリックします。

Vanuatu Financial Services Commission

ページ半ばまでスクロールし、『List of Licensees:』の下のURLリンクをクリックすると、最新のライセンス保有事業者リスト(PDF)を確認出来ます。

MedicalMask

日本国内製マスクの生産が徐々に増えてきて、一般家庭では使い捨てマスクから手作りマスクにシフトする動きが見られる中、まだまだ使い捨ての不織布マスクの需要が高いのも事実です。中国製マスクを中国から仕入れて、仕入れ値の5割増しくらいの価格で小売りする副業も盛んのようです。

実際、一応コロナ収束の雰囲気が高まっている中国側からのマスクの売り込みは増えてきています。

とはいえ、世界的にコロナ第2波が予想されているので、そうなればまたマスク工場からの日本への輸出量が減ることも想定されるので、使い捨てマスクを大量に消費する医療機関や職場で今のうちにマスクの在庫を確保しておく、というのもアリかも知れません。

では、中間業者(ブローカー)を通さず、直接現地のマスク生産工場から直接仕入れる場合、どれくらいの値段になるのでしょう?

NonMedicalMask2
NonMedicalMask1

相場 (卸価格)

* 2020年5月1日現在

単価 (輸出に伴う関税を含む)

医療用サージカルマスク (3層構造 FDA認定工場生産 KN95) :  39円前後
非医療用3層不織布マスク (レギュラーsize 17.5 x 9 cm) 色 : 34円前後
非医療用3層不織布マスク (レギュラーsize 17.5 x 9 cm) 色 : 30円前後

最低注文ロット

10万枚 (50枚入り箱 が 2000個相当)

医療用サージカルマスク (3層構造 FDA認定工場生産 KN95) :  約390万円 (輸送費含む)
非医療用3層不織布マスク (レギュラーsize 17.5 x 9 cm) 色 : 約340万円 (輸送費含む)
非医療用3層不織布マスク (レギュラーsize 17.5 x 9 cm) 色 : 約300万円 (輸送費含む)

支払方法

銀行振込
L/C決済 (工場によって対応可否あり)
仮想通貨 [BTC, ETH, USDT 等] (レートの変動が大きいので事前に要相談)

Bank of Asia

バンク オブ アジア

2017年3月、20年ぶりのBVIオフショアバンクとして銀行免許を新規取得し、2019年10月より本格的に営業を開始しました。ちなみに現在BVIに登録されている銀行は7つしかありませんが、そこに20年振りに7番目の銀行が新たに追加されたことになります。

バンクオブアジアは香港の金融グループであるBoA International Financial Groupの銀行部門にありますが、グループの中核は2007年に営業を開始した香港の証券会社であるBOA International Securities Limitedです。

バンクオブアジアは、香港の弁護士であり政治家であり企業家であるカーソン・ウェン(Carson Wen)によって創設されましたが、彼はグループ全体の創設者であり、彼自身が30年以上身を置いてきた香港証券業界のコネクションをバックボーンとしています。

個人口座と法人口座を開設可能。
インターネットバンキングあり。

口座の種類

普通口座

通貨 : 米ドル(USD), ユーロ(EUR), 香港ドル(HKD), 人民元(RMB)
口座開設費用 : 2,500 USD (個人口座) / 3,500 USD (法人口座)
最低預入資金 : 20,000 USD (この金額を下回った場合、50 USD の追加月額費用が発生)
月額維持費用 : 5 USD
送金手数料 : 60 USD (または相当額)
入金手数料 : 60 USD (または相当額)

その他のサービス

証券取引 : グループ会社の香港証券会社を通じて証券取引サービスを提供
ファンド : 複数のファンド会社と提携し、様々な種類のファンドを提供
債券 : さまざまな国債や社債、永久債を提供
資産管理・投資助言 : グループ会社のアセットマネジメント会社が資産管理から助言サービスを提供

定期預金

利息 : 非公開

このページのトップヘ