キプロス法人


キプロス(Republic of Cyprus)は、東地中海に位置する島国で、首都はニコシアです。
2004年にEUに加盟しました(.euドメインを取得可能)。
しかし、キプロス北部はトルコ系住民が1983年に「北キプロス・トルコ共和国」として独立を宣言し、今なお、ギリシャ系住民が居住する南部と分断状態にあります。
首都ニコシアは、かつてのベルリンのように、町自体が北部政府と南部政府によって分断されています。

キプロス法人は、世界どこでも活動できるオフショア法人ですが、無税ではなく4.25%の税金がかかります。また、会計報告の必須です。
その代わり、多くの国と二重課税条約(Double Taxation Treaties)を結んでいるため税制上の優遇を受けることが可能です。

キプロス法人の名前については、「銀行(Bank)」「建築組合(Building Society)」「保証(Assurance)」という文言を使うとライセンスが要求される等の制限があります。
また、会社名は「リミテッド(Limited)」で終わる必要があります。

株主(SHAREHOLDERS)は最低2名必要です。法人株主は認められていません。

役員(DIRECTOR)と法定秘書(SECRETARY)はキプロス居住者をそれぞれ最低1名必要です。

毎年、会計監査義務があります。

資本は最低1000キプロス・ポンド必要です。但し、払い込みの必要はありません。