スイス銀行=プライベートバンク というイメージを持ってはいませんか?

そもそも、スイス銀行という「銀行」は無く、スイス国内にある金融機関を便宜的にスイス銀行と呼称しているケースが多数だと思われます。
また、スイスはプライベートバンク業務で有名なため、スイスにある銀行は全てプライベートバンクのサービスを提供してくれると思っている方も多くおられるようですが、それは誤解です。

スイス銀行法により定義される「いわゆるプライベートバンク」は、SWISS PRIVATE BANKERS ASSOCIATIONに加盟する次の銀行のみと言われています。

Baumann & Cie
Bordier & Cie
E. Gutzwiller & Cie
Gonet & Cie
Hottinger & Cie
Landolt & Cie
La Roche & Co Banquiers
Lombard Odier Darier Hentsch & Cie 日本語サイト
Mirabaud & Cie 若干、サイトに繋がりにくいですが、サイト自体は存在しています(最近、日本から繋がりにくいオフショア系サイトが増えてきました…)。
Mourgue d'Algue & Cie
Pictet & Cie 日本でもお馴染みのピクテ
Rahn & Bodmer
Reichmuth & Co
Wegelin & Co



スイス銀行法によって定義されるプライベートバンクには、顧客資産に関し無限責任を負うパートナーが在籍しています("無限責任"がポイント)。

少し前は、500万円程度から口座開設してくれるところがありましたが、最近は、3,000万〜5,000万円程度を最低ラインにしているとこが増えているようです。

ちなみに、プライベートバンクに口座を開設する前に、担当者と面談があります。その際、スイスに渡航する必要はありません。プライベートバンクのほうから日本にやって来ます。なにせ、富裕層を相手にしているわけですからねぇ。