スイスのコミュニケーション大臣Moritz Leuenbergerは、ほとんどの人口が現代のコミュニケーションにアクセスしない、よいコミュニケーション・インフラストラクチャーを持った裕福な国々と貧しい国々の間のデジタルデバイドに橋を架けるのを支援するために「情報に対する税金」を示唆しました。
Leuenbergerは、2003年と2005年にジュネーブとチュニスで共同で保持されて、世界情報社会サミット(WSIS)上で対応するために、国連の会への彼の提案が召集することを明らかにしました。
「世界の半分の人口が電話を持ちさえしていない以上の今日、および5人のうちの4つは、インターネットにアクセスしません」とLeuenbergerが会議で伝えました。「それらは、情報、および情報、トレーニングあるいは上達を交換する任意の可能性から離れてカットされます。」「これらの人々が彼らの国々を去ることは望まなければ、私たちはギャップが、高速ADSLによってインターネットをサーフィンする人々間でより広くならないことを保証すること、および最も近い電話箱に10キロメートル歩かなければならないものをしなければなりません」と彼が付け加えました。
Leuenbergerは、廉価な供給者のための控除があるだろうと彼は強調したが、払われる情報量およびコンピューター上でそのような税を上げることができるかもしれないと推測しました。その後、徴収から上げられた収入は、インターネット開発に費やされるでしょう、貧しいテレコミュニケーション・インフラストラクチャーを持った国々の教育のイニシアチブ。国連総会の解決は2つの相の中で世界情報社会サミット(WSIS)を支持しました。第1段階は2003年12月10日から12日までジュネーブで起こりました。また、第2段階は2005年11月16日から18日までチュニスで起こりました。
第1段階の目的は、政治的なことの明瞭なステートメントを開発し促進することでした、でしょう、またすべてのための情報社会の根拠を設立するために具体的措置をとります。ほぼ50人の国家元首/政府および副社長、82人の大臣および国際組織、民間部門および市民団体のハイ・レベルの代表と同様に175か国の26人の副大臣もが、WSISのジュネーブ過程に参加し、法則のジュネーブ宣言に政治的援助を与えて、2003年12月12日に採用されたアクションのジュネーブ計画に与えました。
第2段階の目的は、解決策を見つけて、インターネット支配、融資メカニズムおよびフォローアップの分野およびジュネーブとトウニイのドキュメントのインプリメンテーションでの合意に達すると同様にジュネーブのアクションの計画を推進することでした。


原文

Swiss Communications Minister Moritz Leuenberger has suggested a 'tax on information' to help bridge the digital divide between wealthy countries with good communication infrastructure and poor countries where most of the population have no access to modern communications.

Leuenberger revealed his proposal to a United Nations meeting convened to follow up on the World Summit on the Information Society (WSIS), held jointly in Geneva and Tunis in 2003 and 2005.

"Today more than half the world's population don't even have a telephone and four out of five people don't have access to the internet," Leuenberger told the conference. "They are cut off from information and any possibility of exchanging information, training or improving themselves."

"If we don't want these people to leave their countries, we must do something to ensure that the gap doesn't grow wider between those who surf the internet via high-speed ADSL and those who have to walk ten kilometres to the nearest phone box," he added.

Leuenberger surmised that such a tax could be raised on information content which is paid for and computers, although he stressed that there would be exemptions for low-cost providers. Revenues raised from the levy would then be spent on internet development educational initiatives in countries with poor telecommunications infrastructure.

A UN General Assembly Resolution endorsed the World Summit on the Information Society (WSIS) in two phases. The first phase took place in Geneva from 10 to 12 December 2003 and the second phase took place in Tunis, from 16 to 18 November 2005.

The objective of the first phase was to develop and foster a clear statement of political will and take concrete steps to establish the foundations for an Information Society for all. Nearly 50 Heads of state/government and Vice-Presidents, 82 Ministers, and 26 Vice-Ministers from 175 countries as well as high-level representatives from international organizations, private sector, and civil society attended the Geneva Phase of WSIS and gave political support to the Geneva Declaration of Principles and Geneva Plan of Action that were adopted on 12 December 2003.

The objective of the second phase was to put Geneva's Plan of Action into motion as well as to find solutions and reach agreements in the fields of Internet governance, financing mechanisms, and follow-up and implementation of the Geneva and Tunis documents.