Metrovacesa SAはまだカナリー・ウォーフにあるHSBCホールディングスの塔の部分販売の買い手を見つけていない、とフィナンシャル・タイムズ紙が報じた。

時間が昨年ロンドンのビルを入手するのに使用されたローンの再融資の期限切れまで僅か数週間しか残されていない。

スペインの不動産会社が、財源確保に苦労し続けているなら、HSBCは多分クライアントの中で第三者投資家を見つけるか、または11月前にビル後部自体を買ことでビルのコントロールを再び得る方法を検討中である、とFTは述べた。

Jesus Vicente Asenjo(Metrovacesaのイギリスの管理者)は、FTによると、販売の動きはまだ見られないとのこと。 HSBCは、11月に選択の範囲を評価する予定である。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601102&sid=a6bc9AlFwNkU&refer=uk