HSBCホールディングスは先週金曜日からの金融市場の混乱のため抵当金利の引き上げる。このことは多くのアナリストが予想していた。

HSBCは、月曜日のヨークシャビル組合の例にならい、定率製品の利益の範囲を5.97パーセントから6.27パーセントまで増加させると言った。
料金は799ポンドから499ポンドに下がる予定である。

「先週からスワップによる妨害を受け続ける中、HSBCは市場での選択肢を維持し、また、LTVs(Loan To Value)を減少させないよう努める」と、HSBCは述べた。

スワッピングは、銀行が定率抵当を融資する際に行う。

先週の市場混乱は、卸売り銀行の融資を停滞させ、銀行間貸出金利を締め上げる原因となった。