ジャージーはオフショアタックスヘイブンにおける新たなグローバルな攻撃の十字砲火に捕らえられるだろう。

島は火曜日に今週パリでのOECD国の高官レベルの会議に続く多数の報道で言及された。フランス、ドイツ両国の蔵相は銀行業務の秘密、特にスイスと共に租税回避とより厳しい基準の上に、国に対して厳しい制限を求めている。

国際金融のためのジャージーのディレクターのマーチン・デ・フォレスト・ブラウン氏は声明を発表した。
バックラッシュが世界経済において、政府が全くそれらの問題について解決を考えてこなかったのでこのような結果が生じるのは必然的であると述べる。彼は、「私たちは、多くのメディアが『ジャージー』のようなオフショアの財政センターに関して話題にするのを目の当たりにすることになるだろう。そして、十字砲火で際限なく捕らえられるだろう」
「メディアが目を向けているところとは別の位置に我々はいる。 しかし、確実に、オフショアに対する圧力は強まっており、現在、政治的な課題になっているといえる」

実際、火曜日のミーティングで、ジャージーは、活発に税金交換協定を交渉するのに選ばれた6つのオフショアセンターの1つであった。
そして、OECD事務総長Angel Gurria氏は進展したそれらのオフショアンターに対して‘明確な政治上の認識'を求めた。


http://www.thisisjersey.com/2008/10/25/jersey-braces-itself-for-global-crisis-fallout/