上級のオフショア企業の取締役は、北海のいくつかの石油プラットホームがバラバラに壊れていると主張した。

PetrofacチーフエグゼクティブAyman Asfari氏は、原油価格の下落の結果、投資の潜在的低下が起こり、重大事故に通じる可能性があると述べた。

Asfari氏は、彼の会社では修理の必要な設備が沢山あり、改善するのに充分な投資がない可能性があることを恐れている。

Industry body Oil and Gas UKは、Asfari氏のコメントには異を唱えた。

Petrofacは多くの北海分野を所有しているか、或いは運営している。




─既に警告はされていた。



ロンドンで開かれたOil and Money会議でAsfar氏は、産業が、予算が縮小された状況で終わり、その結果より事故のリスクが増す可能性があることを心配していると述べた。

彼は、安全監視委員が、設備保全のために多くの投資が必要であることを企業側に通達しているとも述べた。

Oil and Gas UKのスポークスマンは、今年だけ資産保全に15億ポンド以上を費やしていたとコメントした。

しかし、RMT組合のオフショアアーム代表のジェーク・モロイ氏は、チーフエグゼクティブが彼が既に警告した内容について確認すると言ったので、この状況を喜んでいると述べた。

彼はBBCスコットランドに対し、彼のようなチーフエグゼクティブがもっと必要であると伝えている。



http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/north_east/7696232.stm