香港株は水曜日、鋭い高値を記録した。米国連邦政府が8000億米ドル相当の新プログラムで、危機下にある金融市場の支援に踏み出して以来、香港株は2期に渡って高騰が続いていた。

米国連邦準備制度理事会の攻撃的な動きで株価高騰に拍車が掛かり、ベンチマークハンセン指数は111.75ポイント、または0.87パーセント上昇し、1日の始めは1万2990.35だったのがピークで1万3369.45にも達した。

42のハンセン指数コンポーネントの中では、アドバンサは37から5に値下がりした。

取引高は火曜日の412億3000万HKドル(53億2000万米ドル)から416億8000万HKドル(53億8000万米ドル)に上がった。

連邦準備制度理事会のこの動きのおかげで、投資家の関心が財政的シェア、エネルギー、および不動産部門に向くようになり、、市場は容易に1万3000レベルを取り戻した。

HSBC(ハンセン指数の最も大きい香港最大の貸し手)は5.88パーセント上昇し、81HKドルになった。

別の市場のヘビー級中国モバイル業では、市場の最も大きい会社は資本に見積もって、あるいは国最大手の電気通信オペレーターによる測定で、3.08パーセント上昇、68.55HKドルになった。

市場の売りオペレーターのThe Hong Kong Exchange and Clearing社.は4,09パーセント増の57,25HKドルに達した。

香港における中国の銀行と保険会社の株価はそれ以上に高かった。 ICBC(中国最大の貸し手)は2,73パーセント増で3.76HKドルにも達した。
中国銀行(中国2番手の銀行)は3.14パーセント上がって、2.3HKドルに達した。 中国建設銀行(中国3番手の銀行業巨人)は4.33パーセント増で、4.1HKドルに達した。 交通銀行は4.23パーセント上って、4.7HKドルになった。 中国招商銀行は1パーセント増、12.24HKドルを記録した。 中国生命(最大の保険会社)は3.03パーセント上がり、20.4HKドルに達した。
ピングAnは5.29パーセント跳ねあがり、30.85HKドルに達した。
中信銀行は、2.04パーセント下がり、2.4HKドルに落ち込んだ。

香港の不動産会社はすべて上昇した。連邦準備制度理事会がさらに、金利を削減し、地方銀行もまたそれに習うだろうという望みがあった。
サンハンカイ不動産(都市最大手の住宅会社)は8.63パーセント増、57.25HKドル。
チェン・コンは5.26パーセント増、70HKドル。
ヘンダーソンLandは6.94パーセント増、26.2HKドル。 ニュー・ワールド・ディベロップメントは5.19パーセント増、5.68HKドル。
中国ランドは8.17パーセント増、5.43HKドル。

中国エンタープライズ指数、または中国本土の42の会企業を反映するH-株は、276.11ポイント増、または4.15パーセントから6,934.11パーセントへの上昇がみられた。

中国のエネルギー供給会社は総じてより高い株価を示した。
PetroChina(最大手石油会社)は3.81パーセント増、6HKドル。
Sinopec(アジア最大精製所)は6.89パーセント急増して4.81HKドルに。
CNOOC(中国最大海底採掘油プロデューサー)は4パーセント上昇して36パーセントになり、5.74HKドル。

中国の鉄鋼・採掘部門は入札リオティントPLCからの鉄鉱石巨人のBHP Billiton Ltd.の退出でますます成長した。
Angang Steelは13.33パーセント急増して5.78HKドル。
馬鞍山鉄は2.81パーセント上がって、1.83HKドル。
重慶鉄は3.33パーセント上昇して1.55HKドル。
CITIC Resourcesは12.5パーセント上昇して0.495HKドル。

中国の不動産会社の株価は総じて跳ね上がった。
中国の中央銀行は、取り引き終了後に、金利を1.08パーセント削減し、準備預金率を1パーセント下げることを発表した。
中国Overseasは3.06パーセント上昇、9.1HKドル。
R&F不動産は10.48パーセント跳ね上がって、3.69HKドル。
KWG不動産は13.45跳ね上がって1.35HKドル。
アジャイル不動産は12パーセント上がって、2.52HKドル。
Hopson Developmentは21.03パーセント急上昇して、2.36HKドル。
Greentown中国は9.05パーセント上がって、2.29HKドルになった。

(7.746HKドル=1米ドル)



http://news.xinhuanet.com/english/2008-11/26/content_10416505.htm