日本航空と全日本空輸の2社体制となっている国内航空会社の国際線を全日空に統合する国際線1社体制案が30日、政府内で浮上した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000002-mai-bus_all


国土交通省は反対しているようですが、一利用者の立場から言えば、「日航が国際線から撤退しても何も困らない」この一言に尽きます。


(国際航空連合「oneworld」系列のマイレージポイントを持っている場合は多少影響があるかも知れませんが)


まず、日本航空や全日空の国際線は、他の便に比べて料金が高いため、そもそもあまり利用しません。

日本の会社が飛ばしている飛行機には、日本語が出来るフライトアテンダントが搭乗しているという安心感があるかも知れませんが、日本発着便には外国の会社でも日本語が話せるFAが乗り込んでいることが多いので、それほど問題にはならないと思います。どうしても日本の会社でなければダメという方は、ANAを利用すればよいだけですからね。