「スイスの銀行」が、実はFX業者であるかも知れません。


規制強化の流れで、スイスの全てのFXブローカーは銀行ライセンスを取得しなければならなくなりました。少なくとも、ライセンス取得のための申請書を2009年3月までに提出する必要があったので、取得審査を経て、最近「銀行」に業態を変更したFX業者が増えてきたというわけです。


MIG BANK (2009年12月 取得)

DUKASCOPY BANK (2010年6月 取得)


FX業者も銀行と同じルールを適用させるため、このような措置が取られたと考えられます。


その代わり、「スイスの銀行」というのは、それだけで特別のブランド力を発揮しますから、マーケティング上、非常に有利な武器を得たと言えるでしょう。