幻冬舎が7日の取引終了後に公表したニュースリリースによると、英ケイマン諸島に本籍を置く投資ファンドのイザベル・リミテッドが、6日時点で同社株の議決権の30.6%に相当する8397株を保有し、筆頭株主になった。

(ニュースリリース)


http://www.gentosha.co.jp/ir/pdf/press_20101207.pdf


幻冬舎といえば、橘玲・著「マネーロンダリング」で有名な出版社です。


イザベル・リミテッドの登記上の代表者(おそらくノミニーディレクター)であるヴィジャヤバラン・ムルゲス(Vijayabalan Murugesu)氏は、ケイマンのオフショア法律事務所オジエ(Ogier)の人間です。さらにオジエは東京にも拠点を構えているので、この件の裏には日本人が関わっているであろうとの見方が強いようですね。