向こう1年は、電力供給量が著しく不足するであろう関東エリアは、経済活動の中心地として不安定になりつつあります。

ここは、日本全体の経済活動にかかるリスクを分散する意味でも、東京一極集中状態を解消して、工場を中心として企業の何割かを関西圏(少なくとも60Hz周波数帯)に移転させることを早急に検討すべきかも知れません。

そうなれば、大阪が日本の経済の中心と呼ばれる日も、もしかしたらそう遠くない日に訪れるかも?