2013年03月03日

記名式オフショア国際デビットカードは

よく巷には、オフショア発行国際デビットカードというものが出回ることがあります。
大抵は、VISAMastercardのネットワークを使用していますので、日本を含め世界中で使用することが可能です。


さらにカードの分類として、カード表面に名前が記載された「記名」式と名前の記載されていない「無記名」式に大別されます。


さて、「記名式」と「無記名式」。優れているのはどっち?


この場合の『優れている』という判断は、カードを持つ目的に大きく依存します。
もし、日常生活のメインカードとして使用するのが目的の場合は?
この場合は、名前が印字された記名式の方が利便性が高そうです。
しかし、一般的に、日本での日常生活の上でわざわざ海外で発行されたカードを使用するというのは考えにくいケースです。昔のように、自己破産等によりクレジットカードを持てない方が一時的に海外発行のカードを持つというような局面であればいざ知らず、現在では多くの銀行で信用審査不要のデビットカード(楽天銀行デビットカードなど)が発行されており、信用ブラックであることを理由に海外発行のカードを持つという人は極めて希です。


では、現在、海外発行のカードを持つ大きな理由はなんでしょうか?
それは、資産管理の一環として、という方が多いはずです。


中には一歩すすめて、資産保全、という方もいるかも知れません。
将来、もしかしたら日本が破綻するかも知れない。破綻まではしなくても、経済力が衰え、円の価値が下がるかも知れない。
だから、今の内に資産を海外に分散し、万が一に備えよう。
そういう人は多いはずです。


そのような方にとって国際デビットカードは、日常生活のメインカードにはなりえません。
通常は持っていることすら秘匿します。
なぜなら、そういう人にとって海外資産の存在自体が最高機密情報であり、その海外資産と繋がる国際カードの存在もまた機密情報の一部であるからです。


そう考えると、記名式と無記名式。機密性保持能力に優れているのは自明の理です。
答えは、『無記名』式。
仮に、道端に落としても、誰かに盗まれたとしても、カード表面に名前が印字されていない無記名カードは、保有者の名前を秘匿してくれます。


プライバシー保全の面から考えても、むやみやたらに名前が記載された金融ツールの利用はお勧め出来ません。
資産家であればなおさら、命に関わるようなご時世です。
是非、御一考あれ。



トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 管理人   2013年03月04日 08:28
> 残高
記名式・無記名式と問わず、カード内資金は信託口座により保全されます。

> お店から拒否
基本的には店舗の担当者毎、個別対応になります。
飛行機の中など、オフライン環境であれば利用を拒否されるかも知れませんが、通常はCAT端末によるオンライン認証によりカードの有効性をチェックしますので、記名・無記名は問題になりません。

> ネットで買い物
カードをアクティベートする際に登録する「カード使用者名義」を使います。
1. Posted by kenny   2013年03月04日 07:33
4 オフショー銀行のカード情報有難う御座います。
無記名がお勧めですが、無記名も残高の保障はあるのでしょうか? また、カードを利用したときに、お店から拒否されないでしょうか?あと、ネットで買い物するときは、名前は入力しないといけないと思うのですが、ご意見をお聞かせ下さい。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

管理人 ケイ の連絡先
secretoffshore@outlook.com

ご質問、苦情、その他お問い合わせはこちらのメールアドレスへお願いいたします。

最新記事
銀行一覧

アイルランド(Ireland)

アラブ首長国連邦(UAE)

アンギラ(Anguilla)

アンティグア・バーブーダ(Antigua & Barbuda)

アンドラ(Andorra)

英領ヴァージン諸島(BVI)

ガーンジー島(Guernsey)

キプロス(Cyprus)

ケイマン諸島(Cayman Islands)

ジブラルタル(Gibraltar)

ジャージー島(Jersey)

シンガポール(Singapore)

スイス・プライベートバンク(SwissPrivateBank)

スリランカ(SriLanka)

セーシェル(Seychelles)

セントビンセント・グレナディーン諸島(St.Vincent & the Grenadines)

タークス・カイコス諸島(Turks & Caicos Islands)

中国・オフショア(China)

ネイビス(Nevis)

ニュージーランド(New Zealand)

パナマ(Panama)

バヌアツ(Vanuatu)

バミューダ諸島(Bermuda Islands)

ハワイ(Hawaii)

ハンガリー(Hungary)

ブルガリア(Bulgaria)

ベリーズ(Belize)

マカオ(Macau)

マルタ(Malta)

マレーシア・ラブアン(Malaysia Labuan)

マン島(Isle of Man)

南アフリカ共和国(South Africa)

ミャンマー(Myanmar)

モーリシャス(Mauritius)

モンゴル(Mongolia)

ラトビア(Latvia)

リヒテンシュタイン(Liechtenstein)

ルクセンブルク(Luxembourg)


HSBC-香港上海銀行

Citibank-シティバンク

BARCLAYS-バークレイズ

RBS | The Royal Bank of Scotland-ロイヤルバンク・オブ・スコットランド

FirstCaribbean International Bank-ファーストカリビアンインターナショナル銀行


プライベートバンキング業務をメインとするオフショア銀行

スイス

普通預金・当座預金サービスをメインとするオフショア銀行

Abbey International

Alliance & Leicester International

Alpha Bank(Cyprus)

Anglo Irish Bank IoM

ANZ

Atlantic International Bank

Bank of Cyprus

Bank of Scotland International

Banque et Caisse d'Epargne de l'Etat

Barclays in Seychelles

Barclays International

Belize Bank

Bradford & Bingley International

Citibank香港

Citibankシンガポール

Dexia Banque Internationale a Luxembourg

HSBCオフショア

HSBC香港

HSBCシンガポール

Lloyds TSB Offshore

Standard Chartered香港

The Royal Bank of Scotland International

UBS

Woolwich Guernsey

Zurich Bank International

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
オフショア