BVI(イギリス領ヴァージン諸島)法人ケイマン諸島バミューダと並ぶタックスヘイブン(非課税)として有名ですが、香港証券取引所(HKEx)に新規株式公開(IPO)させる際に使われる法人としても良く知られます。


従来は、中国企業が香港で上場させる際に、自社の持ち株会社としてケイマン法人やバミューダ法人を設立し、これを上場させるという方法が一般的でしたが、最近BVI法人も香港市場への上場が可能になったため、維持コストの安いBVI法人での香港上場が注目されています。


ちなみに、現在、香港証券取引所には4社のBVI法人が上場されています。



BVI法人のメリットを活かす


非課税という税金面、維持コストの安さ、管理のしやすさを活かして上場させるにはどうすればよいでしょうか?
この場合、創業者の下に持ち株会社としてのBVI法人(A)を置き、Aの下に上場させる中間持株会社としてのBVI法人(B)を置き、そしてBの下に収益源となる各種事業会社を配置する、というストラクチャーが考えられます。





100%所有(支配)



上場するBの発行済株式の25%以上は市場で流通されなければなりません。



法人Bの子会社は、日本法人でも香港法人でもシンガポール法人でもニュージーランド法人でも構いません。
また、Bの上場後に、もし新たな事業を始めようとする場合は、Aの傘下に子会社を設立することで迅速に新規事業を立ち上げることができます。


何かと規制の多い新興国で新規ベンチャー企業を立ち上げの際、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から出資を募るような場面においては、新興国特有の上場プロセスの煩雑さを避け、持株会社(親会社)のBVI法人のIPOをイグジットとするシナリオを描くのも十分アリでしょう。