共通番号マイナンバー制度の関連法案が衆院本会議にて可決されました。
自民・公明・民主の賛成多数で通過したのでほぼ間違いなく参院も通過するでしょう。


ついに訪れる国民総背番号制時代。


国民の金融資産把握に活用されることはほぼ間違いのないこのマイナンバー制度。


考えられるシナリオは、アベノミクスによる人工インフレを暴走させてハイパーインフレを起こし、物価暴騰を発生させる。
そして、それに対する緊急措置として新円切替(デノミ)の実施。それによるタンス預金のあぶり出しによる個人資産把握。
最終的に、銀行の預金封鎖&強制徴収の実施による財政赤字の解消実現。


荒唐無稽な経済SF小説のような流れですが、事実は小説よりも奇なりと申します…