腐る中国「地下銀行トライアングル」のカラクリ…賄賂はマカオのカジノで洗浄され、香港の銀行に蓄積される


地下銀行のトライアングル−。日本人にも観光で人気のマカオと香港、そして対岸の中国・広東省を結ぶ三角形がそう呼ばれている。賄賂などで手にした“汚れたカネ”の資金洗浄(マネーロンダリング)が行われる仕組みを示す表現だという。


もはや、ババ抜きゲームかロシアンルーレットの様相を呈してきています。
先に蓄財に成功し、海外に退避できた者が勝者です。
モラルもへったくれもありません。稼いだもの勝ち、という世界です。


中国の政治体制が崩壊すれば「ソ連崩壊」の数倍悲惨に


中国共産党の幹部が、せっせと自己の蓄財に励むのは、『崩壊』が近いことを身をもって理解しているからかも知れません。
ソ連崩壊直前、一部の資産家たちが海外に資産を移し、ソ連崩壊後にロシアに戻り、新興財閥として台頭したことを考えれば、いま海外に蓄財している中国の資産家は未来の中国新興財閥!?