海外、特に非居住者専用のいわゆる「オフショアバンクに口座を開設した場合、その預金はどこにあるのでしょうか? 非居住者向けの口座ですので、その国の住民は利用できません。例えば、日本の銀行なのに、日本居住者は利用できない銀行、それが(狭義の)オフショアバンクです。 この場合、オフショアバンクの顧客預金自体は、その国には無いことが通常です。 では、あなたのお金はどこに??? それは、そのオフショアバンクが取引している中継銀行(コルレスバンク)に置かれています。 例えば、USD口座が開けるオフショアバンクがアメリカのバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)にコルレス口座を持っていれば、実際のドル資金はバンカメで管理されています。EUR口座であれば、ヨーロッパの大手銀行で保管されているかもしれません(その欧州大手銀行とコルレス契約がなされていれば、ですが)。 したがって、「私のお金はカリブ海の小さな島国に保管されてるの?」という疑問に対しては、「帳簿上はカリブの小島にあるかも知れませんが、実際の資金はコルレス口座が開かれている業界大手銀行の中にありますよ」ということです。 別の解釈をするなら、オフショアバンクの信用度を図る指針としてそのオフショアバンクがどこにコルレス口座を持っているのか、という点は重要な意味を持つことになります。 当然、金融業界のトップバンクにコルレス口座を持っているオフショアバンクを選ぶべきですからね。