秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

カテゴリ: サービス

スマートフォン決済サービス「Coiney」が手数料を3.24%に値下げ--入金サイクルも変更


コイニーは8月6日、コイニーが提供するスマートフォン決済サービス「Coiney」の決済手数料を、現在の4.00%から3.24%に値下げすると発表した。8月21日0時0分以降の決済で適用する。
あわせて、入金の期間や頻度を変更。これまで毎月月末1回としていた入金を、最大月6回までできるように変更する。ユーザー側で特に手続きなどをする必要はない。


これは予想できた結果ですね。
ただ、値下げ競争に巻き込まれるとベンチャー企業には厳しいでしょうから、コイニー独自のサービスが欲しいところ。


スマホを使ったクレジットカード決済サービス 4社比較




「バルス」が再び世界新記録を樹立!1秒あたり14万3,199ツイート!


日本テレビ系列で「天空の城ラピュタ」が放映されるたびに繰り返されるバルス祭り


この10年ですっかり定着してしまいました(笑)


サーバー保守管理者にしてみれば、当初はサーバーに負荷をかける迷惑行為だったのかも知れませんが、今後は今回のツイッター社のように「バルスOK」を公言して、そして実際に耐えてみせ、自社のサーバーの堅牢性をアピールするストレステストとして使われていくかもしれません。


バルスにも耐えるサービス 素晴らしいですね!




平成 25年 7月 16日 プレスリリース

ユニオンバンクとのリテール分野における外国銀行代理業務契約の締結について

株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 平野信行)は、今般、米国の連結子会社であるユニオンバンクとリテール分野における外国銀行代理業務契約(以下、本契約)を締結いたしました。
本契約に基づき、弊行は本年 10月を目処に、ユニオンバンクがご提供している米国での預金口座の作成や資産管理等に関するサービスについて、弊行の個人のお客さまが日本国内でご利用いただける体制を構築いたします。
海外留学・赴任を含む邦人の米国在留者は、2006 年から 2011 年の 5 年間で約 7%増加しており、「生活に必要な現地の決済口座の作成をあらかじめ日本国内で手続きしたうえで留学・赴任したい」、「リスク分散のため日本国内のみならず海外においても資産運用や資産管理を行いたい」といったお客さまのご要望を多くいただいております。
三菱東京 UFJ 銀行は、こうしたお客さまのニーズにより一層お応えすべく、邦銀のグループ銀行として米国で最大規模を誇るユニオンバンクを傘下に有する弊行の特徴を活かし、今般の体制を構築するものです。
三菱東京 UFJ 銀行は、今後もユニオンバンクとの協働を更に強化し、より一層充実した金融サービスを提供できるよう努力してまいります。


-----


三菱東京UFJ銀行は、現在でもユニオンバンクの口座開設取り次ぎサービスを提供しています。


しかし、あくまで取り次ぎであるため、審査やサポート対応はアメリカのユニオンバンク管轄になります。
バイリンガルスタッフがいるので日本語で対応してもらえるとはいえ、アメリカまで電話したり時差を考えなければならなかったりと面倒な部分があります。
その点、日本国内の三菱東京UFJ銀行がユニオンバンクの日本支店のように対応してくれるようになるのであれば、いろいろ便利になるかも知れません。


続報に注目しましょう。

短編アニメ作品「リトルウィッチアカデミア(YouTube)」の続編を製作するため、資金集めの方法として採用され、実際に目標金額を大幅に超える金額が集まり注目を集めているキックスターターkickstarter.com)。


これは、不特定多数の人から資金調達を行う「クラウドファンディング」と呼ばれるサービスの1つですが、リトルウィッチアカデミア2以外にも結構日本から参加しているプロジェクトがあります。


このキックスターターが面白いのは、特典としてDVD/BDなどを付けることで、実質的には前払いで商品を販売していることになる、という点ですね。
逆に怖いのは、創作物のレベルが低かったら相当のバッシングを覚悟しなければならないことでしょうか。

FX(Forex)とバイナリーオプション(BinaryOption)の違いを一言でいうとすれば、それは決済の有無でしょうか。


取引に際して、「買い」や「売り」などのエントリーを入れるのは、FXもバイナリーオプションも同じですが、FXがエントリーしたポジションを決済してはじめて利益または損失が確定されるのに対して、バイナリーオプションには「決済する」というアクションが存在しません。


FXは、ポジションを建て、そしてそのポジションを決済するという2段階のステップを要します。
最初のエントリー(建玉)段階でミスしても、エグジット(決済)でミスしてもダメです。基本的に両方のステップが成功しなければ儲かりません。


バイナリーオプションは、エントリーさせ行えば、あとは指定された条件を達成するかどうかを見守るだけです。


このバイナリーオプションは、一見簡単そうに思えますが、エントリーをミスったらそれで終わりです。FXのように、ポジションを決済するタイミングで迷う必要が無い反面、エントリーのミスを決済タイミングをコントロールして損失回避するという芸当が出来ません。


この点、バイナリーオプションは、FXより競馬に似ているかも知れません。
あるいは、オンラインカジノそのものといえなくもないです。


バイナリーオプションで勝つには?


ボーナスを活用する
オンラインカジノでプロモーションボーナスを最大限活用することが勝率アップのカギであるように、バイナリーオプションもまた無料ボーナスやキャッシュバックボーナスを活用することが重要です。これにより、単純に投資資金を増やすことが出来るため、より多くの投資機会を得ることが出来ます。
ボーナスは、取引回数などに応じてバイナリーオプション業者からもらえるボーナス口座開設時にもらえるウェルカムボーナスの2つを獲得するようにして下さい。
このあたりのボーナスプログラムは、海外業者の方が充実しています。

⇒ 2つのボーナスを得られるバイナリーオプション業者


60セカンズは取引しない
バイナリーオプションの取引方法に60秒後のレートの動きを予想する「60セカンズ(60秒)」というものがありますが、60秒(1分間)ではあまりにも相場のノイズが大きすぎて勝率が悪い上に、もともとのペイアウト率も低く設定されている(だいたい70%程度)ことが多いため割に合いません。
比較的短時間で、かつペイアウト率が高めに設定(500%程度)されるワンタッチをオススメします。


ワンタッチとは?


ワンタッチは、文字通り一定取引期間内に判定ラインとなるレートに「タッチする」か「タッチしないか」を予想する取引方法です。
60セカンドと違い、ある程度長い取引時間が対象ですが、1回でも判定ラインにタッチすれば、その時点で利益確定です。
トレンドラインなどや各種テクニカル指標が通用するので、FX取引経験者は60セカンドよりワンタッチの方が勝てるようです。

このページのトップヘ