秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

カテゴリ: オフショアファンド

どうなる!?ロシア系ファンド

 

ロシア政府は17日、グルジアからのロシア軍の撤退を18日から開始する、との方針を表明した。一方、グルジアのサーカシビリ大統領は、トビリシでドイツのメルケル首相と共同記者会見し、ロシア軍撤退の国際的な監視を訴えた。

メルケル首相は、フランスがまとめた和平の「6原則」に基づいてロシア軍が迅速に撤退するかどうか、世界は見守るだろう、と述べた。

米国もロシアのメドベージェフ大統領に対し迅速な撤退を求めた。ライス米国務長官はNBCに出演し「ロシア大統領の言葉はその軍によって実行に移される必要がある。もしそうでなければ、ロシアが信頼できるのかどうか、懐疑的な見方が広がることになる」と述べた。

ただロシア政府は、撤退の完了時期は明確には示していない。ロシア大統領府が発表した声明では「グルジアによる南オセチアに対する軍事行動を受け、ロシアの平和維持部隊を補強するために動員していた軍について、あす(18日)から撤退を開始する」とされている。

フランスのサルコジ大統領は、ロシアは「遅滞なく」撤退しなければならないとしたほか、和平原則が「迅速かつ完全に」順守されなければ、欧州連合(EU)首脳会議を緊急に招集すると述べた。
 
[ロイターより引用]
 

↑これは、某オフショアバンクで購入できるロシア未公開株ファンドの直近1年間の運用成績です。
 
(1)の2008年1月で、アメリカのサブプライムショックによる世界的な株価下落に巻き込まれ、急落しました。しかし、その後急速に回復し4か月で元の水準に戻しました。
 
ところが、(2)の7月24日にプーチンが「ロシアには、メチェルという大会社がある。本日、同社社長のZyuzin氏を会議に招いていたが、同氏は、急病で欠席している。ところで、2008年第1四半期、メチェルが国外に販売した原料価格は、国内価格の2分の1であった。その収益はどこにいったのだろう。税金として国家に納めることはないのだろうか」と発言、28日には「メチェルが国内市場に卸すコークス価格が4100ルーブル/トンであるのに対して、スイスのオフショア子会社には1100ルーブルで供給し、その子会社が323ドル/トン(約7500ルーブル)で転売している」と指摘しました。
 
このプーチン発言によりロシア株が大幅に下落しました。これは、ロシア経済に起因するというより、ロシアの政治的リスクに起因した市場の反応と受け止められています。
この流れを一気に加速させたのは、間髪をいれずに発生したグルジアでの軍事衝突です(3)
 
経済的な要素から見れば、ロシアの株価は割安といえるため、グルジア問題が収束するにしたがって元の水準に戻す可能性があります。
また、2014年にはロシア・ソチで冬季オリンピックが開催されるので、少なくともそれまではロシアもあまりおかしな行動はしないだろうと予想しています。
 
とりあえず、多少の政治的リスクはあるものの、ロシア経済の上昇トレンドがそれを支えることを期待して継続保有決定です(内心はハラハラドキドキですが)。

元本を1年後に5倍にするには?

いま、手元に100万円があるとします。
まず、この100万円を元手に、1年後に200万円に増やすにはどうすればよいのでしょう?

複利
複利とは、得られた利息を元本に組み入れ、それを新たな元本として得られる利息です。
いわゆる「再投資」というものですが、勝手に元本が増えていくので加速度的に利息が付きます。
投資信託の中には、「毎月分配型」という文字通り毎月分配金が発生する商品がありますが、これは一見美味しいように見えて、実は複利の恩恵をあまり受けられないというデメリットがあります。もし、発生した利息を100%払い出しするのであれば、複利の恩恵も100%得られなくなります。つまり、毎月分配型の投資信託は「将来性」よりも「現実性」を重視した商品というわけですね。
 
では複利の恩恵を受けるため、1年間、利息の分配はしないという条件を付けます。
 
 
72の法則
72の法則とは、複利計算を前提として元本が何年で2倍になるかを計算した場合、金利(%)×年数(年)=72 になるという法則です。
定期預金金利が仮に1%だとすると、 1(%)×年数=72 となり、元本が2倍になるには72年かかることになります。
この法則を使うと、元本を1年で2倍にするには、[金利]×1=72 になるよう金利部分の数字を埋めればよいのですから、
[金利]=72÷1=72 つまり、年利72%の運用をすれば1年後に100万円が200万円になるわけですね。
 
 
 
元本を1年後に5倍にするには?
元本が1年後に5倍になるというのは、年利で500%ということです。
これだけ見るととんでもない数字ですが、半年のスパンで考えた場合、半年の利率×半年の利率=5 になれば良いのですから、
 
   √5 = 2.23606798(倍)
 
さらに半分の3ヶ月スパンで考えると、
 
   √2.23606798 = 1.49534878(倍)
 
さらに半分の45日にすると
 
   √1.49534878 = 1.22284454(倍)
 
さらに半分の22日では
 
   √1.22284454 = 1.10582301(倍)
 
11日では、
 
   √1.10582301 = 1.0515812(倍)
 
となります。
 

だいたい10日で5%ずつ元本を増やせば、1年後には5倍以上に膨れ上がるということですね。

10日毎のシミュレート結果

10日後 100万円(元本)×1.05(5% 105万円
20日後    105万円×1.05 110.25万円
30日後 110.25万円×1.05 115.7625万円
40日後 115.7625万円×1.05 121.550625万円
50日後 121.550625万円×1.05 127.628156万円
60日後 127.628156万円×1.05 134.009564万円
70日後 134.009564万円×1.05 140.710042万円
80日後 140.710042万円×1.05 147.745544万円
90日後 147.745544万円×1.05 155.132821万円
100日後 155.132821万円×1.05 162.889462万円
110日後 162.889462万円×1.05 171.033935万円
120日後 171.033935万円×1.05 179.585632万円
130日後 179.585632万円×1.05 188.564914万円
140日後 188.564914万円×1.05 197.99316万円
150日後 197.99316万円×1.05 207.892818万円 2倍達成!
160日後 207.892818万円×1.05 218.287459万円
170日後 218.287459万円×1.05 229.201832万円
180日後 229.201832万円×1.05 240.661924万円
190日後 240.661924万円×1.05 252.69502万円
200日後 252.69502万円×1.05 265.329771万円
210日後 265.329771万円×1.05 278.59626万円
220日後 278.59626万円×1.05 292.526073万円
230日後 292.526073万円×1.05 307.152377万円 3倍達成!
240日後 307.152377万円×1.05 322.509996万円
250日後 322.509996万円×1.05 338.635496万円
260日後 338.635496万円×1.05 355.567271万円
270日後 355.567271万円×1.05 373.345635万円
280日後 373.345635万円×1.05 392.012917万円
290日後 392.012917万円×1.05 411.613563万円 4倍達成!
300日後 411.613563万円×1.05 432.194241万円
310日後 432.194241万円×1.05 453.803953万円
320日後 453.803953万円×1.05 476.494151万円
330日後 476.494151万円×1.05 500.318859万円 5倍達成!
340日後 500.318859万円×1.05 525.334802万円
350日後 525.334802万円×1.05 551.601542万円
360日後 551.601542万円×1.05 579.181619万円

投資信託では難しいですが、株式投資FX投資先物投資なら10日で5%は実現可能範囲内ではないでしょうか?

サブプライムに負けず、ロシア株式ファンド好調

ロシア株式ファンド

ちょっとビクビクしていたサブプライムショックですが、今のところロシア株式ファンドに致命的なダメージは出ていない模様。
新興市場固有のリスクはありますが、サブプライムショックに対するリスクヘッジとしては上手く機能しているようです。

ロシア株式ファンドについて

> 米国の住宅融資焦げ付き問題が、欧州の金融機関の経営に飛び火した...

> 仏大手金融機関BNPパリバが9日、傘下のファンドの営業を一時停止すると発表したのを機に、金融機関の信用に対する懸念が広がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000202-yom-bus_all


いわゆるサブプライムローンの問題。プライム(優良)でない人向けの住宅ローンだから「サブプライムローン」。
こんなローンだから返済不能に陥るリスクは常にあるわけです。

日本の住専の問題と共通する点は、『住宅価格が上昇すれば、住宅を担保に新たに借り入れが出来るので、収入が少ない人でも住宅ローンの返済が可能。ゆえに住宅価格が停滞・下落すれば一気に崩壊する』という部分です。

株でも為替でも、上昇・下降を繰り返すわけですから、今回住宅価格が停滞・下降しても、またいつかは上昇に転じる時が来るでしょう。
ですから、サブプライムを組み込んだファンドが悪いということではありません。これらのファンドは、「ハイリスク・ハイリターン」のファンドだっただけです。

賢い人は、ファンドが破綻する前に売り抜けられた人でしょうか?

そういう意味では、「満期まで解約できないようなハイリスクファンド」には手を出さない方が良い、という教訓を教えてくれているように思えます。

http://offshore.livedoor.biz/archives/50157222.html

4月に「マレーシアで話題のSwissCash(スイスキャッシュ)」と題して記事を書きましたが、最近、本格的に日本に上陸したようですね。

おそらく、これから資料請求・勧誘用のブログがあちらこちらに開設されることでしょう。
その後は、お定まりのアンチブログが開設され、両者の応酬が繰り広げられた後、また別の投資話が出てくるというサイクルを延々を繰り返すわけですね。


特にこれからは、団塊の世代が大量に退職し、ネットデビューを果たすと思われますから、そういう人たちがターゲットにされると思います。こういう人たちはお金を持ってますからね。年金不安をちょっと煽れば、振り込め詐欺なみに騙される人が続出する可能性があります。


そこで重要になるのはご家族です。
お父様、お母様、お祖父様、お祖母様が変な儲け話に騙されないよう、今のうちに注意喚起しておきましょう。家族の会話が増えて一石二鳥ですしね。

このページのトップヘ