秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

カテゴリ: 仮想通貨

BTC_mining

ビットコイン界隈で目下大注目のイベントであるビットコイン半減期が2020年5月内に到来します(あくまで見込みですが)。現在、10分ごとに支払われるBTCマイニングの報酬 12.50 BTC が 6.25 BTC に半減します。

さて、ビットコインの半減期が訪れるとどうなるのでしょうか?

あくまで理論的な推測ですが、マイニングによって供給されるビットコインが減るものの、ビットコインの需要が変化しなかった場合、『需要>供給』の関係が強まり、供給量が少なくなるビットコインの価値が上がります。

ビットコインの価格は、コロナパニックによる現金化の動きにつられて一時期 3900 ドル割れを起こす水準まで下落しました。その後、1ヶ月で7000ドル台まで上昇。実に80%超の回復率を見せています。

そこに来月のビットコイン半減期という重大イベント。 この流れに乗って1万ドル台へ乗せられるか。

自宅待機中のライト層も流れに乗ってビットコインを購入すれば予想以上の価格帯まで上昇するかも知れませんね。

ビットコイン長者、国税がリストアップ着手 税逃れ対策

https://www.asahi.com/articles/ASKDP7G3JKDPPTIL03N.html

「ビットコイン」など仮想通貨の急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めた。数千万〜数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えだ。

金融庁に首根っこを押さえられた 国内仮想通貨取引所 で取引して2017年中に億り人さんになった人達は逃れようがないですね。
かつて、FXで大儲けして、後から申告漏れを指摘される事件がありましたが、しばらくは仮想通貨で儲けて脱税で逮捕される事件が増えるかも知れません。

国内取引所ユーザーで、既に儲けた金を使ってしまって手元に納税に回せる資金が無い人は、もう一発当てに行くしかないでしょうね。

ますます海外取引所ユーザーが増えそうです。

ビットコインなどインターネット上の仮想通貨に対し、金融庁が規制に乗り出す。現金と交換できる両替所や取引所を、免許制か登録制にする。

http://www.asahi.com/articles/ASH7862Z3H78ULFA02F.html

仮想通貨取引を規制 FATFが各国に提言」を受け、早くも金融庁が動き出したようです。

仮想通貨=「モノ」 という扱いは、法規制によって早々に終わりを告げそうです。
確かに利用者保護の側面からは事業者の参入ハードルを上げる方が望ましいのでしょうが、しかしながら、免許制や登録制に移行した場合、運営コストが跳ね上がるため仮想通貨の特徴である「送金コストが安い」というメリットは減殺される可能性があります。

ただ、昨今、Rippleを中心に怪しげな新興取引所・仲介業者が出現し、本家のリップルラボからも注意喚起が「日本語で」なされている現状では、規制強化の流れは止められないでしょう。

日本の皆様に対する勧告: XRPの役割の説明(Ripple Labs Inc)
弊社は、日本の一部組織が、リップル(XRP)について不正確に伝えているということを認識しています。Ripple Labsとは関係のない様々な日本企業が、市場においてXRPに関する憶測を巡らせ、仮想通貨の価値およびリスクについて、消費者を誤った方向に導いています。Ripple Labsはこのような企業を支援していません。

テロ資金対策を協議する国際組織「金融活動作業部会」(FATF)は、6月26日にオーストラリア・ブリスベンで開いた全体会合で、各国政府にビットコインなど仮想通貨の取引に規制を求める報告書をまとめた。取引所を登録制や免許制とすることが目的。
http://www.fatf-gafi.org/media/fatf/documents/reports/Guidance-RBA-Virtual-Currencies.pdf

仮想通貨(暗号通貨・デジタルカレンシー)を規制し、銀行や両替商、資金移動業者と同様に金融監督当局の管理下に置こうという流れです。
これは提言であり決定ではありませんが、おそらくこの提言を受けて仮想通貨取扱業者に関する法制化が行われるのではないでしょうか。

FX OPEN 暗号通貨口座 ビットコイン

FXopenが今月2月にビットコインなど数種類の暗号通貨の入金受け入れを発表してまだ日が経っていませんが、暗号通貨の取引も提供を始めました。暗号通貨同士の通貨ペアもあります。

対応している暗号通貨は

  • Bitcoin (ビットコイン)
  • Litecoin (ライトコイン)
  • Namecoin (ネームコイン)
  • Peercoin (ピアコイン)

暗号通貨の取引通貨ペアは

  • BTC/EUR (ビットコイン/ユーロ)
  • BTC/RUB (ビットコイン/ロシア・ルーブル)
  • BTC/USD (ビットコイン/米ドル)
  • LTC/BTC (ライトコイン/ビットコイン)
  • LTC/EUR (ライトコイン/ユーロ)
  • LTC/RUB (ライトコイン/ロシア・ルーブル)
  • LTC/USD (ライトコイン/米ドル)
  • NMC/BTC (ネームコイン/ビットコイン)
  • NMC/USD (ネームコイン/米ドル)
  • PPC/BTC (ピアコイン/ビットコイン)
  • PPC/USD (ピアコイン/米ドル)

暗号通貨同士の通貨ペアなんて、マイナーペアどころの話ではありませんが、チャレンジャーな方は是非!

このページのトップヘ