秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

カテゴリ: 詐欺事件

そもそも、ガンビアってどこにあるかご存知ですか?
西アフリカ西岸に位置し、西は北大西洋に面し、ガンビア川の河口を除いた全土をセネガルに取り囲まれている国です。
と言っても、ガンビア川やセネガルが分からないとどうしようもないですね。

↑つまりはここです。

ガンビアは2013年までイギリス連邦加盟国なだけあって、公用語は英語です。

さて、そんなガンビアを舞台とした『銀行設立詐欺』とも言える事件が現在進行中です。

元々、ガンビアの銀行ライセンスを所管するのはガンビアの中央銀行Central Bank of the Gambia)です。
ちなみに、現在ガンビアには以下の銀行が存在しています。

ところが、同じくガンビアの銀行として、MarVinBank(マーヴィンバンク)なる銀行が存在しています。

↓ どうやら銀行ライセンスも持っているようです。

(クリックで拡大)

ガンビアのオフショア区域である『エンタープライズ・ゾーンEnterprise Zone)』発行の銀行ライセンスを持つオフショアバンクだそうです。

ところが・・・

先頃、ガンビアの法務省から下記のようなアナウンスが発表されました。

http://www.moj.gov.gm/ministry-of-justice-press-release-companies

ガンビア・オフショア法人登記業務を一手に引き受けていると謳っている『icommerce registry (http://www.icommerceregistry.com/)』は、ガンビア政府とは何ら関係が無く、そこで設立されたオフショア法人ライセンスの類いは一切無効である、というものです。

では、もう一度先ほど ↑ のライセンスを確認して見ましょう。
なんと、ガンビア法務省がまさに指摘したライセンスではないですか!

実は、格安でガンビアオフショア銀行を設立します というサービスは、ウェブ上で見つかります。中には、日本で宣伝しているサイトまであります。
http://www.buybanknow.com/japanese/
例えば、↑ ここですね。
オフショアバンクを最安プランで僅か 350万円程度でセットアップ出来るそうです。

いやいや、いくら何でもそんなコストで銀行は無理でしょう!

でも、ライセンス(のようなもの)はきちんと発行されますし、オフショア特区のようなエリアで発行される銀行免許に基づいた銀行です、と言われると、何も知らないお客さんはコロッと欺されてしまうかも知れませんね。

そう、この銀行設立詐欺は、銀行を設立する人が騙される詐欺ではありません。
この銀行のようなものを銀行と思わせ、オフショアバンク口座開設者(お客さん)からお金を集める為のツールとして使いたい詐欺師達のための詐欺サポートサービスです。したがって、この詐欺の被害者は、この詐欺ライセンスに基づいて設立された銀行に預金してしまった顧客なのです。

詐欺師は基本的に頭が良いので、350万円程度で本物の銀行が設立できるなどと最初から信じてはいません。350万円で買うのは、限りなく銀行に見える銀行のようなものです。そう考えればかなり安い買い物です。

そして、かわいそうなのは、この銀行のようなものを本物の銀行と信じて預金してしまう世界中のお客さん達です。

しかしながら、綺麗なウェブサイトやパンフレットを使って営業されて、気がついたときには被害者続出、というのが何度も繰り返されてきた悲しい現実です。

アジア圏をターゲットとして、手広く営業をしていたマキシムトレーダーという海外投資詐欺グループが、今年2015年の春、台湾で摘発されました。

彼らは日本でも営業していたため、被害者は日本でもかなり存在すると思われますが、あまり日本ではニュースになっていないこともあり、それほど話題にはなっていないかも知れません。

台湾当局による摘発を伝えるニュース

http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150529000097&cid=1201

この手の金融詐欺事件は、送金業務を担う銀行や送金業者にとっては極めて関心事の高いニュースであるため、一度このようなニュースが報道されると銀行口座開設目的として『海外投資のためのハブ口座として』という理由がなかなか受け入れられにくくなる、という反作用を生み出します。
特に、無名な投資先などを送金先として例示しようものならハイリスクの送金(後々、金融詐欺事件化する可能性がある案件に絡む送金)が発生する可能性が高いと判断され、最悪の場合、口座開設申込を拒否されてしまうでしょう。

マイナンバー制度が完全施行される前に海外に銀行口座を開いておきたいという方にとって、こういった銀行側の門戸を狭める要因となる事件はまったく迷惑至極といったところですね。

今まで出ていなかったこと自体がむしろ不思議ですが、東京地裁が

「円天」と呼ばれる疑似通貨を使った「L&G」(破産)の巨額詐欺事件に絡み、・・・元役員ら10人に加え、多くの会員を勧誘した古参会員24人についても勧誘者」としての責任を認めた
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0330/ym_150330_2641813789.html

古参の勧誘者が責任を負わされる、というのは、刑法で云えば共謀共同正犯の論理に近いでしょうか?

世の中に星の数ほどある詐欺のようなうさんくさい投資話には、必ず初期のスタートアップ時期に大活躍するトップリーダーと呼ばれる人達がいますが、運営者側の人間で無くても、今後は賠償責任を取らされる可能性が出てきたということですね。

このページのトップヘ