秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

タグ:ドバイ

「ブルジュ・ドバイ」から急遽「ブルジュ・ハリファ」に改称されたドバイのタワー。

アブダビから資金援助を得たことに対する礼として、アブダビの首長の名前「ハリファ」に変更したと専らの噂ですが、兎にも角にも完成です。



闇夜に照らされた、ブルジュ・ハリファ。

幻想的というか、何というか。ファイナルファンタジーにでも出てきそうな塔ですね。



塔のてっぺんからの見晴らしは最高!というか風に飛ばされそうで恐い。

UAE ドバイDubai)のショッピングモールで配布されていたドバイ不動産マンション)のパンフレット(リーフレット)です。
 
画像をクリックすると、パンフレット(リーフレット)のスキャンデータをダウンロードできます。

ドバイの不動産はパスポートがあれば購入可能です。
購入後(完成後)は、滞在許可(ビザ)を取得できます。この滞在許可を目当てに不動産を購入する人も多いですが、1物件1許可(オーナと同居する家族)が原則なので、転売物件の場合は滞在許可申請が出来ない場合があります。


Wings Of Arabian - CITY OF ARABIA DUBAILAND

現在建設中のドバイランドの中(City of Arabia)にそびえる44階建てのタワーマンション。


Marina Pinnacle - 71 Level Luxury residential Tower in Dubai Marina

ドバイ・マリーナの街を望む71階建てのタワーマンション。


FREEHOLD OFFICES IN BUSINESS BAY - NEXT TO BURJ DUBAI & DUBAI MALL

世界最高の800m級タワー「ブルジュ・ドバイ」の目の前に位置するオフィスビル。


5☆ Luxury Hotel & Spa - 30 DAYS PER ANNUM COMPLIMENTARY USE FOR OWNERS

様々なスポーツ施設を集約したドバイ・スポーツシティの中にあるホテル型アパートメント。


DANA TOWER - 19 Level Luxury Residential Tower Jumeirah Village


新しいドバイ国際空港(ジェベルアリ国際空港)や鉄道・地下鉄インフラが整備されればドバイはより快適な国になるでしょう。
また、ロンドン・オリンピックの次の開催地はドバイが有力視されており、それがもし実現すればドバイ株はますます上昇するでしょうね。
 
ドバイは買い物天国。パスポート1つで不動産まで買えます。ドバイ土産に1フロア如何ですか?

←前のページ
 
サムネイル画像をクリックするとオリジナルサイズの特大画像を無料ダウンロードできます。ご自由にどうぞ。

 
ドバイのHSBC(香港上海銀行)。
 
 
 HSBCの隣にあった、エミレーツバンク。
 
 
             ウエスタンユニオンの看板。
 
 
 
ドバイ運河(ドバイクリーク)を渡る水上交通手段の渡し船「アブラ」。
 
 
 
 
 
 
 
アブラの乗船料金は1回1ディルハム(約33〜36円)。
 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)で購入した宇宙食を持参しました。
 

プリンです。
 

こんな感じ。すっかり乾燥しています。
 

口に入れるとトロ〜ッとしたプリンに戻ります。
 
 

アブラの上から。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドバイでは日本車の他、韓国やインドなどあらゆる国のクルマを目にします。
 
 
 
 
イランの国営銀行バンク・メリ・イラン(Bank Melli Iran)。
 
 

その隣のエミレーツバンク。
壁がメリイランと同じように剥がれているということは、この間に何か建物があったんでしょうね。
 
 
 対岸のアブラ乗り場。
 
 
 地下道。
 
 
 
布地やアクセサリーの店がならぶオールドスーク(市場)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ドバイでビールと言えば「ハイネケン」。
 
 スーパーで売られている米。
 

 
 
ドバイの人気ツアー「デザートサファリ」に参加(4WDで砂漠を爆走する例のヤツ)。
 
 
 
           何か空に飛んでいます。UFO? ↑
 
 
 

 
途中でラクダに遭遇。
 
 
では、ここらでもう一つの宇宙食を食べてみましょう。
 

 たこ焼きです。
 

 中はこんな感じ。
 

 見た目はたこ焼きの冷凍食品みたい。
 

 タコが入っています。味は、たこ焼きせんべい。
 
 
この他に羊羹(普通の羊羹でした。包装が2重になっているだけ)と国際宇宙ステーション滞在者向けレトルトカレー(無重量空間用にスパイシーさをアップ)を持って行きましたが、食べる機会がなく、そのまま未開封で帰国しました。
・・・どうでも良い話ですね。
 
 
ツアー参加者達。
 
 

 
 
スノーボードならぬサンドボード。
 
 
 
 
 
途中、キャメルファームに立ち寄ります。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 夕日と砂漠
 
 夕日と砂漠とラクダ
 
 
 

 
ラクダに乗ることも出来ます。
 
 
 
デザートサファリのバーベキュー会場。
 
 
 
 
 
 ベリーダンス。
 
 
 
翌日、アブラから後方の眺め。
 
 
 
 
 
 


 
 
ゴールドスーク
 
         蛍光灯の周波数が干渉してモアレ発生。
 
 金製品だらけ。
 
 
ドバイ運河
 
 

 
 
 
帰国時、ドバイ国際空港内のアイリッシュパブにて。
 
←前のページへ
 
リンク切れ等、おかしい部分がある場合はご連絡下さい。

’08年3月15〜19日にかけてアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)に行ってきました。
何枚か写真を撮りましたので紹介します。
 
 
サムネイル画像をクリックするとオリジナルサイズの特大画像を無料ダウンロードできます。ご自由にどうぞ。
[撮影機材:SONY HDR-SR8(一部、携帯電話のカメラ機能にて撮影)]

香港国際空港。格安ツアーなので、香港経由です。エミレーツではなくキャセイパシフィック
 
 
 

香港国際空港ターミナルも大きいですよね。

 
 
ドバイのバスターミナル。
 
 

7つ星ホテルで有名なバージュ・アル・アラブBurj Al Arab)とその周辺

 
 
 
 
 
 
海の色が美しい・・。
ちなみに、この海の対岸はイランです。
 
 

バージュ・アル・アラブの隣には、波をイメージしたジュメイラビーチホテルJumeirah Beach Hotel)があります。

 
 
 
 
 
 
UAEの道路は、日本の逆(アメリカと同じ)の右側走行。
 
 
 
 
 
 
 
ラクダのモニュメントとエミレーツバンク(Emirates Bank)。
 

 
  
 
何も書いていないバス停の時刻表。
 
 バージュ・アル・アラブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ジュメイラ地区は高級リゾートホテルが集中していますが、周辺は何もないのでホテル内のリゾート施設で楽しむか、タクシー・観光バスで出かける必要があります。
そもそも、ドバイで、こんな街はずれの歩道を歩いている人なんてほとんど居ませんが・・。
 
 
 
ヤシの木の形の人工島「ザ・パーム」。
 
 
 
 
 
地上からは、どんな形なのか分かりにくいですね。
 



クルーザーオーナーの街「ドバイマリーナDubai Marina)」
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥も歩いており、のどかな雰囲気。
しかし、まだ建築中のタワーマンションやらホテルやらがあって、工事の音が鳴り響いています。
 
 
 
室内スキー場で有名なショッピングモール「モール・オブ・ジ・エミレーツMall of the Emirates)」。
 
 
 

 
店内からゲレンデを眺めることが出来ます。
 
 
 

モールの中。HSBCのブース。
 
 
ドバイの西側ジェベルアリ(JebelAli)地区にあるクレー射撃場の屋上からの眺め。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
周りは、見渡す限り何もない砂漠地帯。
 
 
 
 
次のページへ →

このページのトップヘ