秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

タグ:ビットコイン

マネックス証券とビットフライヤー、「仮想通貨ビットコインプレゼントキャンペーン」を開催

業界初!マネックス証券「仮想通貨ビットコインプレゼントキャンペーン」開催

2015年8月21日(金)までの期間限定で、期間中にマネックス証券のウェブサイト上で本キャンペーンにエントリーし、クイズに正解した方の中から抽選で50名に1万円相当のビットコインをプレゼントする、という内容です。

下記、プレスリリースより:
マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、本日2015年7月17日(金)より業界で初めて「ビットコインプレゼントキャンペーン」を実施いたしますのでお知らせいたします。本キャンペーンの実施にあたり、株式会社bitFlyer(以下「bitFlyer」)は、ビットコインの受渡を可能とする「adFlyer」サービスの提供を開始いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

マネックス証券は、資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」等、未来におけるお金との付き合い方をデザインすることを目的として独自に開発・運営している「MONEX LAB TOOLS」を無料で提供しています。このたび、より多くの方に「MONEX LAB TOOLS」を知っていただくため、近年「次世代の通貨」として関心が高まっている仮想通貨ビットコインを抽選でプレゼントするキャンペーンを開催することといたしました。
本キャンペーンは、マネックス証券に口座をお持ちでない方でもご応募いただけます。

マネックス証券
http://www.monex.co.jp/

ビットコインなどインターネット上の仮想通貨に対し、金融庁が規制に乗り出す。現金と交換できる両替所や取引所を、免許制か登録制にする。

http://www.asahi.com/articles/ASH7862Z3H78ULFA02F.html

仮想通貨取引を規制 FATFが各国に提言」を受け、早くも金融庁が動き出したようです。

仮想通貨=「モノ」 という扱いは、法規制によって早々に終わりを告げそうです。
確かに利用者保護の側面からは事業者の参入ハードルを上げる方が望ましいのでしょうが、しかしながら、免許制や登録制に移行した場合、運営コストが跳ね上がるため仮想通貨の特徴である「送金コストが安い」というメリットは減殺される可能性があります。

ただ、昨今、Rippleを中心に怪しげな新興取引所・仲介業者が出現し、本家のリップルラボからも注意喚起が「日本語で」なされている現状では、規制強化の流れは止められないでしょう。

日本の皆様に対する勧告: XRPの役割の説明(Ripple Labs Inc)
弊社は、日本の一部組織が、リップル(XRP)について不正確に伝えているということを認識しています。Ripple Labsとは関係のない様々な日本企業が、市場においてXRPに関する憶測を巡らせ、仮想通貨の価値およびリスクについて、消費者を誤った方向に導いています。Ripple Labsはこのような企業を支援していません。

ニューヨーク州金融サービス局は、仮想通貨ビットコインを扱う取引所運営会社イットビット・トラスト・カンパニーに銀行免許を交付したことを明らかにした。

bitcoin

https://www.itbit.com/

仮想通貨取扱業者に銀行免許を交付するという点がアメリカらしい点ですね。
日本なら、資金移動業がせいぜいでしょう。

デジタル暗号通貨ビットコインについての解説動画



ビットコインに続き、オープンコインも登場し、デジタル暗号通貨ビジネスは今ベンチャーキャピタルから多額の資金調達をすることに成功しています。


これは、オープンソースビジネスモデルとベンチャーキャピタルの関係の一環と見ることが出来ます。
つまり、デジタル暗号通貨の仕組みはオープンソースとして一般に無償解放されているため、実際にビジネスの収益を上げるキャッシュポイントは、その周辺部分(例えば、解説本の販売、取引所の開設、取引プラットフォームの有償ライセンス提供など)に置かれます。


既存の通貨とは異なる独自の通貨をオープンソースによって創造する、という流れは、デジタル暗号化アルゴリズムの発展に添うものであることから、今後次々に新たなデジタル暗号通貨が生まれる可能性があります。
この場合、通貨としての信用性は、通常のトランザクション処理能力は当然として、クラッカー(悪意のハッカー)達からのクラッキング攻撃に耐えられる堅固なシステムをどれだけ備えているか、という点に依存していくでしょう。
今、ホットな話題のビットコインも、すぐに陳腐なデジタル通貨になってしまうかも知れません。


デジタル暗号通貨 BitCoinビットコイン)が何かと話題ですが、実はFX取引ができます。
提供しているのは、IT Financial Services Ltd(通称、Worth Ltd)。
FXブランド: Venet FX 。
プラットフォームはメタトレーダー4(MT4)。


ビットコインFX用のウェブサイト - Bit4X

http://www.bit4x.com/


ただ、この会社はその胡散臭さから海外の掲示板などにおいて「詐欺ではないか?」と噂されています(笑)



[BitCoin FX/CFD ブローカー] AVATRADE 1Broker Forex Metal


 ビットコイン、ライトコイン、次に来る仮想通貨は

このページのトップヘ