秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

タグ:残高証明書

海外の銀行に口座を開きたいけれど、どうしても現地まで行く時間が取れないッ!という方は結構多いもの。



オフショア銀行(ここでは、非居住者に対して口座開設を認めている銀行という意味)のいくつかは、郵送による口座開設を認めています。



しかしながら、国際的なマネロン規制等の圧力で本人確認手続きを簡略化することは出来ないという要請により、現地渡航する場合よりも準備しなければならない書類が多くなる傾向にあります。



一般的に、よく要求されるのは、



(1) 公証されたパスポートコピー

これは、公証役場でパスポートコピーの認証を必要とするもの。
行政書士など法的ライセンスを持つ者による認証でも可の場合もあり。



(2) バンクリファレンス

いわゆる銀行との取引証明書。いつ口座開設したのかという日付が入っていることが特徴。
日本では、シティバンク銀行が無料で発行してくれます。大手都市銀行でも、支店レベルで対応してくれる場合があります。
元々日本の銀行の業務の中に、バンクリファレンスという概念が無いため、外資系の銀行や海外に拠点を持つ銀行でないと対応できないと思いますが、グローバル化の影響で少しは融通が利くようになってきている模様。



(3) 英文の現住所確認書類

よく使われるのは、銀行の残高証明書です。
現在は、かなり多くの金融機関で発行してくれるようになりました。
但し、注意しなければならないのは、名前・住所・発行日が英文で記載されていること。


この3つの書類を揃えることが出来れば、郵送での口座開設の可能性がかなり高くなります。



海外銀行や証券会社に口座を開く際に、現住所確認書類として英文で住所が記載された書類の提出を求められるケースがあります。
多くの場合、「Bank statement」も利用可となっているので、英文の口座残高証明書を提出することになります。この残高証明書は、バンクリファレンス(Bank Reference)の代わりにもなる場合があるので、単なる現住所確認書類以上の意味を持ちます。


かつては、英文残高証明書(銀行口座明細)を発行してもらうのに結構苦労したものですが、現在では多くの銀行で英文の口座残高証明書を発行してもらえるようになっています。


ネット専業銀行も英文の口座残高証明書発行を受け付けるケースが増えています。


新生銀行


新生パワーコール(0120-456-007)に電話します。本人確認後、英文残高証明書が登録住所に郵送されます。発送には1週間ほど時間がかかります。


シティバンク銀行


eセービング口座(インターネット支店)を開くと毎月Eメールでeステートメント(PDF)が送られてきます。このeステートメントは、表記を日本語か英語かを選択できるので、英語を選択し、これを英文残高証明書として利用します。


ジャパンネット銀行


オンラインで依頼可能なのは日本語版だけですが、カスタマーセンターに別途問い合わせすることにより英文の残高証明書発行が可能です。


ソニー銀行


ログイン後、「各種手続」-「お手続き書類ダウンロード」-「お手続き書類ダウンロード」から英文残高証明依頼書にて申し込みます。


大和ネクスト銀行


ウェブサイトから日本語・英語それぞれの残高証明書発行を依頼できます。


関連ページ
 英文の口座残高証明書(氏名と住所入り)の取得方法





このページのトップヘ