秘密の沖-シークレットオフショア

仮想通貨 オフショア法人設立 オフショア銀行に口座開設 タックスヘイブン 海外送金 海外ニュースについての備忘録

タグ:香港上海銀行


昔、HSBC香港に口座を開いたことがあるけど、使わないうちにいつの間にか閉鎖されていた・・。
このような経験のある方は結構多いと思います。


このように、銀行側から口座閉鎖手続きをされてしまうと、通常は再度口座開設しようとしても拒否されてしまいます。
いわゆる、ブラックリストに載ってしまった状態ですね。


昔は良くわからずに口座を開いてしまったけど、今は海外投資の知識も増え、ばりばりHSBC口座を活用できるようになった!と思った矢先、実は自分の口座がクローズされていたのでは非常に悲しい結末というもの。


しかし、まだ諦めないでください
もしかしたら、その閉鎖された口座を復活、もしくは新規口座開設が可能かも知れません。
閉鎖された時期、担当者、理由によってはあなたのHSBCライフが再起動する可能性があります!


詳細についてはメールにてご連絡下さい。

 英金融大手のHSBCグループは、1000万円以上の金融資産を持つ日本の顧客層を対象に個人向け取引(リテール)業務を本格展開する。来年1月から東京、大阪を手始めに順次、専門店舗を開設し、顧客別に専任の担当者を付けて資産運用を支援する。将来的には全国の主要都市にサービスを広げる考えだ。

 顧客の要望に応じ、投資信託や外貨預金、複雑な金融商品などを提供する。専用の口座を持てば、コールセンターで24時間問い合わせに応じるほか、海外店舗でもサービスを提供する。

 HSBCの日本での業務はこれまで、東京と大阪で法人向けの銀行業務と3億円以上の資産を抱える富裕層向けの運用サービスが中心だった。

 今回始めるリテール業務は顧客基盤の拡大を図るのがねらいで、HSBCが近年、世界的に力を入れている業務の一つ。00年のサービス開始以来、すでに世界35カ国・地域約250カ所に店舗を開設している。

 1000万円以上の金融資産を持つ顧客層は、首都圏・関西圏だけでも約630万人にのぼるとされる。だが、国内では低金利が続き、HSBCは「何に投資すべきかアドバイスを求めている団塊の世代や若手投資家が多い」(スチュアート・ミルン在日代表)とみている。将来的には全国30〜50店舗を展開し、リテール業務を日本での収益の柱に育てる方針だ。

[2007年9月6日付 朝日新聞より引用]

HSBCの日本市場でのリテール(個人向け取引)の展開は早くから噂されていましたが、いよいよ動き出したようです。

1,000万円という金額が「退職金」を想定しているとすると、かなり多くの方がターゲットに含まれると思われます。
また、ある程度まとまったお金を持っており、かつ専任担当者から直接アドバイスを受けたい方であれば、団塊世代に限定されないわけですから、さらに多くの人がHSBCに口座を開設することになるかも知れません。

ちなみに、HSBCオフショアなら、普通口座(OffshoreBankAccount)が120万円程度から開設可能です。インターネットと英語が出来るのであれば、HSBCオフショアを選択するのも1つの手です。

このページのトップヘ