うみのむこう 銀行 法人 ライセンス

2008年12月

ある男性が、シドニーの自宅を数百万ドルの身分詐称とマネーロンダリングの容疑で家宅捜索を受けた。

50歳の男性は今日の午後にシドニー西部のアッシュフィールドの自宅で、Strike Force Gamutから来た警察官に逮捕された。

彼は、Burwood警察署に連行されてそこで尋問を受け、犯人グループに参加して詐欺に関連した犯罪に関わったことが明らかになった。
水曜日のパラマッタ地裁で、保釈は却下された。

Strike Force Gamutに関しては、メールボックスから小切手とパーソナルバンキングの詳細を盗むなど、組織化された犯罪グループの申し立てられた活動を調査中である。

警察のコメントによると、盗み出された個人情報は運転免許証や、老人医療健康保険制度カードなどを含む偽造身分証明証の製作に利用されるという。

偽造身分証明証の使い道は、ギャングがマネーロンダリングを行うのに使用される銀行口座を開いて、それをオフショアに送るためだという。

捜査官は、容疑者の4人の男性と3人の女性のイメージを発表し、居場所の特定に公衆の助けを求めている。

また、警察は、彼らがだれと情報を共有するかに関して注意するようにし、問題解決のために、彼らのメールを保管し、丹念に彼らの銀行取引明細書をチェックするよう呼び掛けた。

シンジケートの情報提供先は1800 333 000のCrime Stoppersだ。


http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,25197,24857030-26103,00.html

平成21年1月1日から適用される改正所得税法により、商品取引所(くりっく365)だけでなく、店頭取引についても「支払調書」の提出が義務付けられることになりました。

今まで、FXで税金を支払わないケースが多発していたことを受けての改正です。

今後、ますます海外のFX業者を利用するユーザーが増えるでしょうね。

さらに遠くに: 4つの協定に調印した後、台湾のCPC Corp、China National Offshore Oil Corpは共同でケニアのアンサ内湾を探る予定。

CPC Corp、台湾の国営石油会社、および中国のChina National Offshore Oil Corpは石油と天然ガス資源を海外に求めて調査の範囲を広げた。

金曜日に調印された4つの協定の1つでは、CNOOCは、ケニアの探検ブロックで30パーセントの株をCPCに売却するのに同意したと台湾の会社はウェブサイトで発表した声明の中で言及した。 北京ベースのCNは香港のCNOOC Ltd.の親会社。

「協定により、海外での共同活動が可能になる。」と、CPCのスポークスマン、リャオ・ツァンロン氏が金曜日に電話取材に対して回答した。 「重要なステップです。」

以前の合意は台湾沖で水域だけを対象とするものだった。

CPCへの販売の後に、アフリカ北部のアンサ内湾でCNOはケニアブロックの40パーセントを所有すると台湾の会社は述べた。

また、CPCとCNOは2010失効予定の、2002年に南台湾沖で3つの探鉱採掘のために調印された協定を継続させた。

CPCは、また、会社が台湾北部のナンリダオ内湾の探検について、実現の可能性を研究すると述べた。

4番目の協定は、海外探検、天然ガス市場開発、原油精製、油製品取り引きなどのさまざまな活動の際に相互協力を可能にするためのものであるとCPCは述べた。

CPC代表取締役Pan Wenent氏は昨年の5月、会社が、原油輸入価格上昇に対し、国を保護するため、5年間で油とガスの貯蓄を二倍に増やす計画があるとコメントしていた。

CPCの投資先はアフリカ、東南アジア、米国、オーストラリア、およびラテンアメリカなど様々だ。



http://www.taipeitimes.com/News/biz/archives/2008/12/28/2003432299

中国の外国銀行のグループは、海外からの借入金に対する支払利息に最近課された税金が地球規模での財政危機の影響を悪化させると主張して、遅らせるように中国政府に要求した。

要求は、海外の貸し手から中国の銀行へのすべてのローンの利払いに課せられる新しい源泉徴収税に関係するものである。 税金(1月1日に遡及効果がある)が外国銀行の中国の操作に不均衡に影響すると予想され、彼らの親会社などのような海外のソースからの借り入れが増加する可能性がある。 中国の銀行は大口の預金ベースを持っているのが普通で、それほど海外からの借り入れには依存していない。

金曜日にダウジョーンズ・ニュースワイヤーによって見られた36の外国銀行によってサインされた陳情は、中国で働いている外国の貸し手にとって税金が過剰な負担となっていると記述している。 陳情は、12月23日にサインされ、中国の国務院、金融当局、中央銀行、および財務省に対して請願された。

新しい税金は、オフショア貸し手が中国の銀行への融資で得られた利益に対して課されるという声明の下、出された。 声明は、11月24日付で書かれたが、12月12日にウェブサイトで投稿された。

しかしながら、中国ベースの実体が貸し手に代わって税金を支払う責任があると声明で明示されている。

中国の法人の所得税規則の下では、10%の源泉徴収税は広く請求されるであろうが、香港のような税金条約がある場所では7%という低レートに収まるだろう。

陳情を支持したのは、ローカルのユニットのHSBCホールディングスPLC、スタンダード・チャータードPLC、および東亜銀行を含む3銀行だったが、コメント要求に対しては即答を避けた。

外国銀行は、12月4日後の北京が陳情を見直している期間中の利子源泉課税に応じるだけで、逆支払に関しては保留するように要求した。

会計事務所アーンスト&ヤングからの陳情に対する表文には、銀行の営業税への最近の変化のために、10億元(1億4620万ドル)を金融部門の税金費用に手荒く追加する可能性があると書かれていた。

「独立している銀行に関する限り、これは財政危機を乗り切ることが出来るか否かの分かれ目になるかもしれない。」と、会計事務所は税金局に宛てて書いた。



http://online.wsj.com/article/SB123029991993435339.html?mod=googlenews_wsj

急速に悪化する経済環境で、インドの主要IT企業は世界経済を苦しめる差し迫った危機の先を見通して動いているようだ。一方、他の企業は手持ちの資金で遣り繰りしようと考えており、TCS、ウィプロ、およびHCLなどは、それらのビジネスを強化するための戦略を獲得をするのに彼らの備蓄を使用している。

ウィプロはインドにおいて、現金1億2700万ドルの取引でシティ・テクノロジー・サービシーズ、シティグループのITアームを取得した。 先週、HCL Techは6億5800万ドルでイギリス拠点のアグゾングループを獲得した。 そして、以前TCSは約5億500万ドルでシティのとりこになっているBPOアームシティグループグローバルサービシーズを買い取った。

これらの獲得は、インドの情報技術産業が難しいフェーズに入っているというコンセンサスの時代に行われた。 通常、IT予算は、会社が、費用を節減する必要がある際には優先的に削減されるものである。 これは金融危機が金融部門に打撃を与えた場合に特に厳しい傾向がみられ、インドのITセクターへの重大な含意である。

インドの情報技術産業の重要な収入源は銀行業と金融サービス(BFS)にある。 コストダウンが多分インドなどの、より安いオフショアセンターに対する、より多くの仕事のアウトソーシングを導いたという声もある。 しかしながら、その可能性はいくらか多くの金融機関の事実上の国有化によって曇らされた。

中央政府は、他国へのアウトソーシングを阻止するのに新たに取得された勢力を使用することができた。 これらの不明瞭な動きのため、業界の成長予測データは、標準30パーセントに対して15パーセントという数値を示した。

そのような状況では、国内のIT企業がより用心深くなるとしても、驚かないだろう。 しかし、インドのITは明確にスローダウンを機会であるとみなしている。 実際に、過去の歴史は、景気下降中の獲得が、株式市場楽観主義のピークのそれらよりはるかに良い成功記録を持っていると最終的に立証してくれる。

これらの獲得の多くは、長年利益をもたらすビル関係のように安売りする資産に関するものである。 例えば、ウィプロは次の6年間シティから約5億ドルの収入委任を抜粋している。 TCSの獲得は9年と半年間で25億ドルを得る。 混乱が収まった時、インドのITはほこりの中から今よりはるかに強い状態になって現れるかもしれない。



http://economictimes.indiatimes.com/Opinion/Well-timed_acquisitions/articleshow/3892936.cms

このページのトップヘ