うみのむこう 銀行 法人 ライセンス

2015年12月

日本の銀行でも海外の銀行でも、いわゆるオフショアバンクでも、必ず聞かれる質問の一つに、口座開設目的は何ですか?というものがあります。通常の感覚では当たり前の質問ですが、結構この質問に答えられない人が多いようです。

では、一体どのような人がこの「口座開設目的」を問う質問に答えられないのでしょうか?
おそらくそれは、口座開設目的が無い人。そして、目的を銀行に明かしたくない人、のいずれかでは無いでしょうか?

前者は、口座開設サポート業者経由の個人に多いように思います。後者については、銀行が嫌がる業種の法人に多いのではないでしょうか。

法人のほうについては、敢えて自覚の上で真の口座開設目的を明かさないのですから、それはそれで自己判断の結果の行為と言えるかも知れません。問題はサポート業者に口座開設を依頼し、料金を払えば自動的に銀行口座が開設されると思っている個人です。5〜10年くらい前にHSBC香港口座開設ツアーなどで口座を開設されたことがある場合には、差し出された書類にサインさえすれば口座開設が完了した経験があるため、現在でも同じように考えている可能性があります。しかし、時代は変わりました。口座開設目的が不明確な場合、銀行のコンプライアンス審査部門の開設許可が下りません。その結果、どんなに銀行の窓口部分の担当者であるアカウント・マネージャーが頑張ってみたところで口座開設は出来ません。

ファンドからの配当を受け取る、FX業者とのやり取りで使用する、給与を受け取る、アフィリエイト報酬を受け取る、などいろいろ目的はあるはずです。重要なのは、口座開設段階でそれらの目的をきちんと整理し、明確化しておくことです。あやふやなままで口座開設手続きに入ると、予想に反してなかなか口座開設手続きが進まず、何週間も何か月も待たされ、挙句の果てには口座開設はお断りさせていただきました、の憂き目に遭う可能性が高まりますので、事前の準備は怠らないように気を付けましょう。

スキャナーを持っていない、または、出先で急にスキャンしなければいけなくなった、等のシーンに備えてスマホを持っている人はスキャナーアプリをインストールしておきましょう。

CamScanner

いろいろスマホのカメラ機能と連携してスキャンできるアプリはあるようですが、高機能かつ無料というところで、CamScannerが人気のようです。
特に、スキャンデータをPDF化してメール送信まで出来るので、これ一つでほぼ必要な作業は全て完結できてしまいます。

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.intsig.camscanner
iPhone版
https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner-free/id388627783

使い方動画が参考になります

昨今、紙ベースのやりとりからPDFのやりとりに変わってきていますが、意外に「スキャン」がネックになるケースが多いようです。
そもそもご家庭にスキャナーが無い、という方も多く、スキャナーが無いのでスマホのカメラで写真データを送りしかない、という状況も結構多いようです。そのような場合には、ここで紹介したCamScannerのようなスキャンアプリは重宝するかも知れません。あとは、操作にある程度慣れが必要なことでしょうか。

このページのトップヘ