うみのむこう 銀行 法人 ライセンス

タグ:デビットカード

neat-logo

ニート (neat)

NEET」ではありません。「neat」です。

ニートは銀行ではなく、いわゆるフィンテック系金融サービスプロバイダーで、銀行の代替サービスを提供する香港の企業 Neat Limited が提供する銀行口座サービスです。
Neat Limited は香港でMoney Service Operator License(19-06-02796)、Trust or Company Service Provider License(TC006452)、およびMoney Lender's License(No.0464/2020)を保有しています。

口座の種類

個人口座

現在、新規受け入れ休止中

法人口座

  • 通貨 : 香港ドル(HKD), 米ドル(USD), 英ポンド(GBP), ユーロ(EUR)
  • 口座開設費用 : 無料
  • 最低預入資金 : 無し
  • 月額維持費用 : 無料
  • デビットカード発行&維持費用 : 60 HKD (月額)
neatcardface

送金 (Outgoing) 費用

  • デビットカードへの振替 : 無料
  • HKD口座から香港銀行口座へ送金 : 30 HKD (FPS非対応銀行の場合は 60 HKD)
  • USD口座から香港銀行口座へ送金 : 8 USD
  • GBP口座からSEPAネットワークで送金 : 無料
  • EUR口座からSEPAネットワークで送金 : 無料
  • 国際送金 (SWIFT) : 90 HKD / 12 USD

入金 (Iincoming) 費用

  • 香港銀行口座からHKD口座へFPS入金 : 2 HKD
  • 香港銀行口座からHKD口座へCHATS入金 : 15 HKD
  • 香港銀行口座からHKD口座へCHATS入金 : 2 USD
  • SEPAネットワークでGBP口座へ入金 : 無料
  • SEPAネットワークでEUR口座へ入金 : 無料
  • 国際送金 (SWIFT) : 65 HKD / 13.5 USD

受け入れ可能な法人の設立登記国

  • 香港 (Hong Kong)
  • オーストラリア (Australia)
  • 英領ヴァージン諸島 (BVI / British Virgin Islands)
  • ケイマン諸島 (Cayman Islands)
  • デンマーク (Denmark)
  • エストニア (Estonia)
  • フランス (France)
  • ドイツ (Germany)
  • アイルランド (Ireland)
  • イタリア (Italy)
  • オランダ (Netherlands)
  • ニュージーランド (New Zealand)
  • シンガポール (Singapore)
  • イギリス (United Kingdom)

禁止されている業界(neat口座不可)

  • アダルト業界・出会い系サービス (Adult entertainment & escort services)
  • アンティーク・骨董品取引 (Antiques dealers)
  • 武器取引・軍事関連 (Arms, Defence or Military)
  • 原子力関連 (Atomic / Nuclear Power)
  • 競売関連 (Auctioneers)
  • 航空業界 (Aviation)
  • 慈善事業 (Charities)
  • 大使館・領事館関連 (Embassies and Consulates)
  • 金融・株式・証券取引関連 (Finance, stock & securities related companies)
  • 外国為替取引関連 (Foreign exchange related companies)
  • カジノ・ギャンブル関連 (Gambling & casino related companies)
  • 投資持株会社 (Investment holding companies)
  • IPTVサービスプロバイダー (IPTV service providers)
  • 採鉱業界 (Mining & Extractive related companies)
  • NGO 非政府組織関連 (Non-Government Organisations (NGO))
  • 質屋 (Pawnshops)
  • 決済・支払サービスプロバイダー (Payment Service Providers)
  • 政治組織・宗教関連組織 (Political or religious organisations)
  • 貴金属・宝石類取引 (Precious Metals and stones)
  • 香港・イギリスの法律下で違法な製品・サービス (Products or services illegal under either Hong Kong or United Kingdom law)
  • マルチ商法 (Pyramid sellers)
  • 規制されていない法律サービス (Unregulated legal services)
  • ゲームセンター (Video game arcades or establishments)
  • VoIPサービスプロバイダー (VoIP service providers)
  • VPNサービスプロバイダー (VPN providers)
  • 仮想通貨関連 (Virtual currencies)

GONNA(ゴナ)とは?


米ドル(USD) ユーロ(EUR) 豪ドル(AUD) 英ポンド(GBP) 日本円(JPY)の5通貨に対応したVISAデビットカード。



http://www.gonna-jaccs.jp/


日本円(JPY)建てでチャージ出来るのは良いとして、日本国内のATMでは使えないという仕様はどうにかならなかったのでしょうか?




よく巷には、オフショア発行国際デビットカードというものが出回ることがあります。
大抵は、VISAMastercardのネットワークを使用していますので、日本を含め世界中で使用することが可能です。


さらにカードの分類として、カード表面に名前が記載された「記名」式と名前の記載されていない「無記名」式に大別されます。


さて、「記名式」と「無記名式」。優れているのはどっち?


この場合の『優れている』という判断は、カードを持つ目的に大きく依存します。
もし、日常生活のメインカードとして使用するのが目的の場合は?
この場合は、名前が印字された記名式の方が利便性が高そうです。
しかし、一般的に、日本での日常生活の上でわざわざ海外で発行されたカードを使用するというのは考えにくいケースです。昔のように、自己破産等によりクレジットカードを持てない方が一時的に海外発行のカードを持つというような局面であればいざ知らず、現在では多くの銀行で信用審査不要のデビットカード(楽天銀行デビットカードなど)が発行されており、信用ブラックであることを理由に海外発行のカードを持つという人は極めて希です。


では、現在、海外発行のカードを持つ大きな理由はなんでしょうか?
それは、資産管理の一環として、という方が多いはずです。


中には一歩すすめて、資産保全、という方もいるかも知れません。
将来、もしかしたら日本が破綻するかも知れない。破綻まではしなくても、経済力が衰え、円の価値が下がるかも知れない。
だから、今の内に資産を海外に分散し、万が一に備えよう。
そういう人は多いはずです。


そのような方にとって国際デビットカードは、日常生活のメインカードにはなりえません。
通常は持っていることすら秘匿します。
なぜなら、そういう人にとって海外資産の存在自体が最高機密情報であり、その海外資産と繋がる国際カードの存在もまた機密情報の一部であるからです。


そう考えると、記名式と無記名式。機密性保持能力に優れているのは自明の理です。
答えは、『無記名』式。
仮に、道端に落としても、誰かに盗まれたとしても、カード表面に名前が印字されていない無記名カードは、保有者の名前を秘匿してくれます。


プライバシー保全の面から考えても、むやみやたらに名前が記載された金融ツールの利用はお勧め出来ません。
資産家であればなおさら、命に関わるようなご時世です。
是非、御一考あれ。

ジブラルタル Gibraltar

ジブラルタルは、イギリス海外領土の一つ。オフショア金融とオンラインカジノ(ゲーミング)ライセンス発行国として有名。

銀行

Bank J. Safra Sarasin (Gibraltar) (ジェイ・サフラ・サラシン銀行)

2001年に営業を開始。ジェイ・サフラ・サラシンのグループ本店はスイス・バーゼル。

https://www.jsafrasarasin.com/internet/gi/

Golden Sand Bank (ゴールデンサンドバンク)

https://www.goldensandbank.com/

Golden Sand Bank (ゴールデンサンドバンク) 詳細

Gibraltar International Bank (ジブラルタル・インターナショナル・バンク)

https://www.goldensandbank.com/

IDT Financial Services Limited(IDTフィナンシャルサービセズ)

独自ブランドのデビットカード(プリペイドカード)ソリューションを提供する会社。1992年、銀行免許を取得。

http://idtfinance.com/

Lombard Odier & Cie (Gibraltar) (ロンバー・オディエ)

http://www.lombardodier.com/
スイス・プライベートバンク。ジブラルタルは1987年営業開始。

参考 : スイス・プライベートバンカー協会

Moneycorp Bank (マネーコープバンク)

https://www.moneycorpbank.com/

SG Hambros Bank (Gibraltar) (ソシエテジェネラル・ハンブロス銀行)

http://www.privatebanking.societegenerale.co.uk/

☟銀行名称変更

SG Kleinwort Hambros Bank (Gibraltar) (SG クラインオート・ハンブロス銀行)

https://www.kleinworthambros.com/
仏ソシエテジェネラルが所有するプライベートバンク。
2016年6月、ソシエテジェネラルがクラインオートを取得。同年11年、SGハンブロスと合併させ、クラインオート・ハンブロスを設立した。。

The Royal Bank of Scotland International (ロイヤルバンク オブ スコットランド・インターナショナル)

http://www.rbsinternational.com/

Jyske Bank (Gibraltar) (ユスケバンク)

http://jyskebank.gi/

☟銀行名称変更

Trusted Novus Bank (トラステッドノーバスバンク)

https://trustednovusbank.gi/
2019年、ユスケ銀行グループは、デンマークの国内銀行市場に事業を集中させるという戦略的決定を下し、その年の後半、Jyske Bank(Gibraltar)Ltdは、ジブラルタルを拠点とする投資会社であるRook​​e Investments Ltdに売却された。 2020年、銀行名がTrusted Novus Bankに変更された。

Turicum Private Bank (チューリクム・プライベートバンク)

http://www.turicum.com/

Xapo Bank (Gibraltar) (ザポバンク)

https://xapo.com/
暗号資産ウォレットサービス事業者。2020年、銀行免許を取得。

Banque Audi(Suisse) (バンク・アウディ)

本店はスイス。http://www.bankaudi.ch/

Barclays Bank PLC (バークレイズ銀行)

本店はイギリス。 http://barclayswealth.com/

Credit Suisse (Gibraltar) (クレディ・スイス)

https://www.credit-suisse.com/gi/

EFG Bank (Gibraltar) (EFG銀行)

http://www.efgbank.com/

Leeds Building Society (リーズ・ビルディングソサイエティ ジブラルタル支店)

本店はイギリス。http://www.leedsbuildingsociety.co.uk/

Lloyds TSB Bank (Gibraltar)(ロイズTSB銀行)

http://www.lloydstsb-pb.com/

Newcastle Building Society (ニューキャッスル・ビルディングソサイエティ ジブラルタル支店)

http://www.newcastle.co.uk/

Yorkshire Building Society(ヨークシャー・ビルディングソサイエティ ジブラルタル支店)

http://www.ybs.co.uk/

電子マネー金融機関

Payoneer (EU) (ペイオニア EU)

集金・支払ソリューションと電子マネーサービスを提供する会社。

https://www.payoneer.com/

Transact Network Limited (トランザクト・ネットワーク)

デビットカード(プリペイドカード)ソリューションと電子マネーサービスを提供する会社。

http://www.transactnetwork.com/

Wave Crest Holdings Limited (ウェーブ・クレスト)

デビットカード(プリペイドカード)ソリューションと電子マネーサービス、決済サービスを提供する会社。

http://www.wavecrest.gi/

ジブラルタル金融監督庁

Financial Services Commission

このページのトップヘ